ブログトップ

アジア映画鑑賞記録 --- Ako's Web Studio ---

superako.exblog.jp

香港・中国映画を中心とした鑑賞記録 since 2004.9.13

カテゴリ:香港映画( 53 )

b0026075_1831443.jpg江山美人
An Empress And The Warriors
エンプレス 運命の戦い

【スタッフ】
監督: 程小東(チン・シウトン)

【主な出演者】
雪虎将军 役: 甄子丹(ドニー・イエン)
燕飞儿 役:  陳慧琳(ケリー・チャン)
段兰泉 役:  黎明(レオン・ライ)
胡霸 役:  郭晓冬
赵王寇 役:  振海

【製作年度/国】
2008年/中国=香港

【オフィシャルサイト】
日本公式サイト中国公式サイト

【あらすじ】
戦国時代の中国。
君主である父親が戦死間際に残した遺言により、
公主・燕飞儿(陳慧琳)は、雪虎将军(甄子丹)らと
共に戦場へ向かう。燕飞儿は、はたして、燕国を
守っていけるのか・・・。

■主題曲「隨夢而飛」を歌っているのは、
 黎明(レオン・ライ) と 陳慧琳(ケリー・チャン)です。

【私の感想】
[PR]
by superako | 2009-04-04 18:03 | 香港映画
b0026075_21122245.jpg
女人本色
Wonder Women

【スタッフ】
監督: 黄真真(バーバラ・ウォン)

【主な出演者】
在信 役: 梁詠琪(ジジ・リョン)
暁彤 役: 薛凱琪(フィオナ・シッ)
杜林 役: 林子祥(ジョージ・ラム)
程必聡 役: 聶遠(ニエ・ユエン)
学楓 役: (ケビン・チェン)
大宇 役: 張敬軒(ヒンズ・チャン) ほか。

【製作年度/国】
2007年/香港

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
在信(ジジ・リョン)は夫の杜林(ジョージ・ラム)と同じ会社で働く
エリートサラリーマン。裏で夫を支える女性で生きると決めている。

しかし、息子の楽楽が1歳の時、杜林は突然リストラされてしまい、
妻と子供を残して自分の事業を開拓するためにシンガポールへ
渡ることに。夫とバラバラになりちょっと寂しく感じる在信に・・・。

■原作は香港の作家梁鳳儀(リアン・フォンイー)の小説「聴涛」

■第21回東京国際映画祭の提携企画
 「東京・中国映画週間」上映作品


【私の感想】
中国に返還された時から現在の香港を背景にして、ある女性の
私生活と事業上の栄枯盛衰を描いています。

なのに・・・何故”北京語吹き替え版”での上映にしたんでしょう?
作品の内容を考えたら、おかしいと思うのですが。。。
機会があれば、広東語で見直したいですね。

在信のように(友人知人の為に)日頃から善を尽くしていれば、
いつか自分に帰ってくるのかなぁ。
[PR]
by superako | 2008-10-22 21:03 | 香港映画
b0026075_18453043.jpg色|戒
LUST, CAUTION
ラスト、コーション

【スタッフ】
監督: 李安(アン・リー )

【主な出演者】
イー 役:  梁朝偉(トニー・レオン)
ワン・チアチー 役: 湯唯(タン・ウェイ)
クァン・ユイミン 役: 王力宏(ワン・リーホン)
イー夫人 役:    陳冲(ジョアン・チェン)
ウー 役:       トゥオ・ツォン
ライ・シュチン 役: チュウ・チーイン
ツァオ 役:  チェン・ガーロウ
リャン・ルンション 役: クー・ユールン
ホzン・レイ 役:    ガァオ・インシュアン
オウヤン・リンウェン/マイ 役: ジョンソン・イェン

【製作年度/国】
2007年/アメリカ・中国・台湾・香港

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
日本軍占領下の1942年の上海。
傀儡政府のスパイのトップであるイー(トニー・レオン)は、
かつて香港で知り合った女性ワン(タン・ウェイ)と再会する。

数年前、香港大学の学生だったワンは、抗日に燃える
演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていたのだが、
その時は、イーが突然上海に帰ってしまったことで計画は
流れた。しかし、レジスタンス活動を行う組織は、上海に
戻っていたワンに再びイーの暗殺計画への協力を求める。
そして、ワンはイーに近づき・・・。

■2007年ヴェネチア映画祭 グランプリ&撮影賞 受賞

■過激なセックス描写のため、中国本土ではその部分を
  大幅に削除したそうです。

【私の感想】
ネットとかで噂は知っていましたが、これほどとは。
確かに過激でしたねぇ~。

レジスタンス活動とかをしている時って、たとえ活動計画が
自分の気持ちとはずれていても、仲間から抜けたりすること
ができないものなのかもしれないですね。

本作品は、ちょっと暗い感じの内容ですが、ワン(タン・ウェイ)
が最後にとった行動に救われた気がしました。
[PR]
by superako | 2008-02-29 21:30 | 香港映画
b0026075_1862025.jpgthe EYE3 INFINITY 見鬼10
the EYE3
the EYE3《幽霊を見る10の方法》

【スタッフ】
監督・編集: オキサイド・パン&ダニー・パン
製作総指揮: エリック・ツァン

【主な出演者】
タク 役:  陳柏霖(チェン・ボーリン)
タクの従姉メイ 役: ケイト・ヤン 
タクの親友コーファイ 役: クリス・クー
コーファイの彼女エイプリル 役: 梁洛施(イザベラ・リョン) |
ポンコット・コンマライ

【製作年度/国】
2005年/香港

【オフィシャルサイト】


【あらすじ】
香港の若者、タク(チェン・ボーリン)とタクの従妹メイ(ケイト・
ヤン)、タクの親友コーファイ(クリス・クー)とコーファイの彼女
エイプリル(イザベラ・リョン) の4人は、友人チョンカイの住む
タイへ遊びにやってきた。

夜、チョンカイの家で彼らは暇つぶしに、それぞれが知っている
怖い話を語り始める。チョンカイがある古本屋で買った「幽霊を
見る10の方法」という本を見せ、それを読んで聞かせると、4人
は面白がってそれを実際にやってみようと言い出したのだが・・・。

【私の感想】
前の2作とは、違ってファンタジーっぽくなっていて、本作品も
1作目ほどの恐怖感は感じませんでした。幽霊を見ようだなんて
遊び半分でやらない方がいいですよね、やっぱり。 
[PR]
by superako | 2008-02-28 19:28 | 香港映画
b0026075_17282269.jpgthe EYE2
the EYE2
the EYE2《胎児を狙う悪霊》

【スタッフ】
監督・編集: オキサイド・パン&ダニー・パン
製作総指揮: エリック・ツァン、ダニエル・ユン

【主な出演者】
ジョーイ 役:  スー・チー
サム 役:    ジェッダー・ボーン・ボンディー
サムの妻 役: ユージニア・ユアン
僧侶 役:    フィリップ・クオック

【製作年度/国】
2004年/香港

【オフィシャルサイト】


【あらすじ】
香港の出版社に勤めるジョーイ(スー・チー)は、不倫関係に
ある恋人サム(ジェッダー・ボーン・ボンディー)との別れ話の
もつれから旅先のタイのホテルで大量の睡眠薬を飲み自殺
を図る。幸いにも彼女はすぐに発見され、運び込まれた病院
で胃の洗浄を受けて一命を取り留めるのだが、それ以来、
彼女には死者の霊が見えるようになってしまい・・・。

■ジョーイ(スー・チー)は、全編ノーメークで演じています。


【私の感想】
前作「the EYE【アイ】」は、実際に起こった事件をモチーフ
にして製作されましたが、今回は違います。

前作ほどの怖さはありませんでしたね。ただ、亡くなった
人たちが赤ん坊に転生するために妊婦を狙っているという
のは、ちょっとぞっとしましたけど。。

どんどん追い詰められ、精神的なバランスを崩していく
ジョーイ。周囲の人からは、妊婦のマタニティ・ブルー
としてしかみられていない状況。 ホラーとしての恐怖より
主人公の精神的ダメージのつらさの方が印象に残りました。
[PR]
by superako | 2008-02-28 18:28 | 香港映画
b0026075_029462.jpgthe EYE/見鬼
the EYE
the EYE【アイ】

【スタッフ】
監督・脚本・編集 : オキサイド・パン、ダニー・パン

【主な出演者】
マン・ウォン 役: アンジェリカ・カー
心理療法士ワ・ロー 役: ローレンス・チョウ
リン 役: チャッチャ-・ルチナーレン
マンの姉 役: キャンディ・ロー
ロー医師 役: エドムンド・チェン
リンの母 役: ワン・スーユエン
マンの祖母 役: コウ・インペン
インイン 役: ソー・ヤッライ
エーク医師 役: フォン・ジンファッ ほか。

【製作年度/国】
2001年/香港+タイ

【オフィシャルサイト】


【あらすじ】
二歳のときに失明したマン(アンジェリカ・カー)は、
20歳になり待望の角膜移植手術を受け視力を
回復する。手術後、脳腫瘍で入院している少女
インイン(ソー・ヤッライ)に励まされながらリハビリ
をする毎日だったが、ある夜、隣のベッドに寝ている
お婆さんが、黒い人影とともに病室を出て行くところ
を見つける。翌朝、看護婦にそのことを告げるが・・・。

■13年前にタイで実際に起こった角膜移植手術による
  事件をモチーフにしている。

【私の感想】
監督たちは、映画は脚色されたものであり、実話の
映画化ではないことを強調しているけど、実際の
角膜移植にはこのようなことあるのだろうか?
心臓移植の場合は、ありえるみたいな話を聞いた
ことあるけど、どうなんでしょう。ホラー映画としての
恐怖感より、そっちの方が気になってしまいました。
[PR]
by superako | 2008-01-28 23:18 | 香港映画
b0026075_21504799.jpg千杯不酔
DRINK DRANK DRUNK
ぼくの最後の恋人
 
※2007年11月現在、日本劇場未公開
※2007年12月7日 日本語字幕付DVD発売

【スタッフ】
監督: 爾冬陞(イー・トンシン)

【主な出演者】
マイケル 役: 呉彦祖(ダニエル・ウー)
小敏 役: 楊千燁(ミリアム・ヨン)
九哥 役: 方中信(アレックス・フォン)  
マイケルの友人 役: 尹子維(テレンス・イン)

谷徳昭(ビンセント・コック)、胡静(フー・ジン) 
梁靖琪(トビー・リョン)、錢嘉樂(チン・ガーロッ)
官恩娜(エラ・クン)、戴夢夢 ほか。

【製作年度/国】
2005年/香港

【関連サイト】
香港

【あらすじ】
b0026075_2151490.jpgビールメーカーのコンパニオンガールをしている
小敏(楊千燁)は明朗快活な性格、その上、「千杯
飲んでも酔わない」と言われるくらいお酒が強い。
そんな彼女の夢は、自分で小さなカフェを開くこと
だった。

ある晩、火鍋屋で仕事をしていた小敏は、店で酔い
つぶれていたフランス華僑のマイケル(呉彦祖)と
いう男と出会った。彼はフレンチレストランのオーナ
ーシェフなのだが、経営が思わしくなく、倒産の危機
に陥っていた。2人は、一軒の店を昼間はカフェ、
夜はレストランと交互に営業することで意気投合
するのだが・・・。

■Hong Kong Films Awards 2006 
 Best Supporting Actorノミネート
 方中信(アレックス・フォン)

■中国映画祭2007 上映作品

■テーマ曲「我的酔愛」は、楊千燁が歌っています。


【私の感想】
ラブコメディは、香港映画のまさに得意分野ですね。
三十路を控えている女心を小敏(楊千燁)がとても
自然な感じで表現しているところが良かったです。
気楽に観れる面白い作品です!
[PR]
by superako | 2007-11-25 20:37 | 香港映画
b0026075_22131393.jpg龍虎門
DRAGON TIGER GATE
かちこみ!タイガー・ドラゴン・ゲート

【スタッフ】
監督:       葉偉信(ウィルソン・イップ)
アクション監督: 甄子丹(ドニー・イェン)
音楽:       川井 憲次

【主な出演者】
ドラゴン・ウォン 役:  甄子丹(ドニー・イェン)
タイガー・ウォン 役: 謝霆鋒 (ニコラス・ツェー)
ターボ・セック  役:  余文樂(ショーン・ユー)
役: 元華(ユン・ワー)
マー・シャオリン 役: 董潔(ドン・ジェ)
ローザ 役: 李小冉(リー・シャオラン)

【製作年度/国】
2006年/香港

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
親と生き別れて行き場を失くした子供たちが
流れ着く道場「龍虎門(ドラゴン・タイガー・ゲート)」。
最強の格闘家が集うその道場で生まれ育った
タイガー・ウォン(謝霆鋒)は、幼い頃に生き別れと
なった兄・ドラゴン(甄子丹)から教えられた「武術は
正義を守るためにある」という言葉を守りながら、
「龍虎門」の兄貴分として頭角を現し始めていた。
ある日、犯罪結社・江湖の一味と大乱闘となり・・・。

■香港の国民的コミック「龍虎門」を映画化した
  アクション大作。

【私の感想】
ドラゴン(甄子丹)のアクションはキレがあってとても
素敵ですが、タイガー・ウォン(謝霆鋒)のアクションも
格好良いいですよ!もうすっかり”アクション俳優”って
感じがします。どちらかと言うと、成龍(ジャッキー・チェン)
に近いかな。

ドラゴン(甄子丹)とローザ(李小冉)の2人が切なかったぁ。
ただ、李小冉さんの音声(広東語)が吹き替えなのが残念。
中国内地の女優さんなのでしかたないけど、いつもと違う声
だからちょっと不思議な感じが・・。
董潔さんも吹き替えだったのかな?
ご本人の声を知らないので、私は違和感なく観れました。
[PR]
by superako | 2007-11-01 22:17 | 香港映画
b0026075_223457.jpg天堂口
Blood Brothers
※2007年10月現在、日本一般未公開

【スタッフ】
監督: 陳奕利(チェン・イーリー)

【主な出演者】
洪哥 役: 孫紅雷(スン・ホンレイ)
馬克 役: 張震(チャン・チェン)
阿峰 役: 呉彦祖(ダニエル・ウー)
大剛 役: 劉燁 (リウ・イエ)
小虎 役: 楊祐寧(トニー・ヤン)
露露 役: 舒淇(スー・チー)

李小[王路](リー・シャオルー) ほか。

【製作年度/国】
2006年/香港

【関連サイト】
「香港映画祭」公式サイト(日本)中国語/英語 公式サイト

【あらすじ】
1930年代の上海。 成功することを夢見て田舎の村から
上海に出てきた阿峰(呉彦祖)と友人の大剛(劉燁)、剛の弟
小虎(楊祐寧)。

初めは車引きをして生計をたてていたが、剛(劉燁)が
黒社会のボス・洪哥(孫紅雷)の経営するクラブ「天堂」で
仕事を得たことで、次第に3人の生活状況が変わり
始める。 3人は、洪哥、馬克(張震)とクラブの専属歌手
・露露(舒淇)を通して、欲望と血にまみれた闇の世界に
足を踏み入れることとなり・・・。

■第20回東京国際映画祭の提携企画 「香港映画祭」上映作品

【私の感想】
富と名誉を得たとしても穏やかな気持ちで過ごせないのなら、
人を信じることができないのなら、成功したといえるのだろうか。
観終わった後、そんなことを考えさせられます。
[PR]
by superako | 2007-10-30 21:05 | 香港映画
b0026075_20511475.jpg中環英雄
DON'T FOOL ME
インファナル・デイズ ~逆転人生~
※日本劇場未公開

【スタッフ】
監督: 邱禮濤(ハーマン・ヤウ)

【主な出演者】
ホン 役: 梁朝偉(トニー・レオン)
キット 役: 劉德華(アンディ・ラウ)

毛舜筠(テレサ・モウ)
袁潔瑩(フェニー・ユン) ほか。

【製作年度/国】
1991年/香港

【オフィシャルサイト】


【あらすじ】
大手保険会社に勤務するエリートサラリーマンのキット
(梁朝偉)とカツアゲ専門チンピラのホン(劉德華)。
偶然再会したこの二人は、中学時代の同級生だった。
同居を始めたふたりは、ひょんなことから互いの人生を
1週間交換してみることを思いつくのだが・・・。

【私の感想】
生きてきた環境がぜんぜん違うのに必死にそのギャップ
を埋めようと奮闘する二人がいいですねぇ。ものの見方
を変えると、今自分が生きてる環境も楽しくなるかも!? 
私は、単純に楽しみながら観ました♪♪

「インファナル・デイズ」というタイトルになってますが、あの
「インファナル・アフェア」シリーズとは全く関係ありません。
まさに香港映画らしいコメディ作品です。決して格好いい
トニー・レオン&アンディ・ラウを期待しないように!
[PR]
by superako | 2007-09-14 20:51 | 香港映画