ブログトップ

アジア映画鑑賞記録 --- Ako's Web Studio ---

superako.exblog.jp

香港・中国映画を中心とした鑑賞記録 since 2004.9.13

カテゴリ:台湾映画( 5 )

b0026075_15291160.jpg詭絲
Silk
シルク ※2006年11月現在、日本未一般公開。

【スタッフ】
監督・脚本: 蘇照彬(スー・チャオピン)
製作: ミン・ツー
エグゼクティヴ・プロデューサー:
     ホアン・チンウェン/ジミー・ホアン
撮影: アーサー・ウォン
美術監督: 種田陽平
音楽: ピーター・カム
編集: チェン・カーファイ   
b0026075_15292367.jpg
【主な出演者】
葉起東 役: 張震(チャン・チェン)
橋本博士 役: 江口洋介
杜家維 役: 林嘉欣(カリーナ・ラム)
蘇原 役:  徐熙媛/大S(バービー・スー)
守仁 役:  陳柏霖(チェン・ボーリン)
和美 役:  張釣甯(チャン・チュンニン)

【製作年度/国】
2006年/台湾

【オフィシャルサイト】
台湾

【あらすじ】b0026075_15295079.jpg
橋本博士(江口洋介)は、誰も住んでいないアパートに
とりついている少年の幽霊とのコンタクトを試みる。
少年の霊は謎の言葉をつぶやいているため、橋本は、
読唇術の心得のある特別捜査官(張震)の助けを借りる。
絹の糸のように細い光線が現われ・・・。

■第19回東京国際映画祭 アジアの風上映作品

■カンヌ国際映画祭 監督週間でプレミア上映された。

■スー・チャオピン監督がある記事に触発されて
  生まれたという。その記事は、日本人科学者が
  世界で初めてメンジャースポンジという立方体
  に電磁波を一時的に閉じ込めることに成功した
  という内容だった。


【私の感想】
サスペンス・スリラーなのに、笑える箇所が多かった
のは意外でした。

ティーチインの時に江口さんが最初、自分はバケモノ
の役かと思いましたとおっしゃっていましたが、それも
わかる気がしました。橋本博士(江口洋介)は、何が
したいんだろう、なんでそんな所歩けるの?って
思いましたから。

本作品は、日本語の台詞が多く、チャン・チェンや
バービー・スーの日本語を聞いてみたい方、必見です!
[PR]
by superako | 2006-11-29 15:31 | 台湾映画
b0026075_0202775.jpg20.30.40
twenty thirty forty
20.30.40の恋 ( ※香港にて公開。 日本劇場未公開 )

【スタッフ】
監督・脚本: 張艾嘉(シルビア・チャン)

【主な出演者】
莉莉リリー役:    張艾嘉(シルビア・チャン)
小潔シャオジエ役: 李心潔(アンジェリカ・リー)
想想シアンシアン役:劉若英(レネ・リュー)
   ジェリー役:   梁家輝(レオン・カーファイ)

黄秋生(アンソニー・ウォン)、梁家輝(レオン・カーファイ)、
任賢齊(リッチー・レン)、陳柏霖(チェン・ボーリン) 

【製作年度/国】
2004年/台湾+香港

【オフィシャルサイト】


【あらすじ】
20代、30代、40代という異なる世代の女性の恋愛と仕事、
夢と挫折を描いた物語。

20歳で歌手志望のシャオジエ(アンジェリカ・リー)。
30歳のフライトアテンダント、シアンシアン(レネ・リウ)。
40代のリリー(シルビア・チャン)は、夫や娘と一緒に
海外旅行から帰ってきたところだった・・・。

■2004 年ベルリン国際映画祭 正式コンペティション出品作品  


【私の感想】
20歳、30歳、40歳、それぞれの女性が生きていく上で
直面する心理描写がうまく描かれていたので、女性の方は、
共感できる部分がきっと多いはずですよ。

任賢齊(リッチー・レン)が元気ハツラツすぎて笑えました。
[PR]
by superako | 2006-06-22 00:22 | 台湾映画
b0026075_22561995.jpg17歳的天空
FORMULA 17
僕の恋、彼の秘密

【スタッフ】
監督: 陳映蓉(DJチェン)
製作: 李耀華(アイリーン・リー)、葉育萍(ミッシェル・イェ)
脚本: 傳睿邨(ラディ・ユウ)

【主な出演者】
ティエン(小天)役: 楊祐寧(トニー・ヤン)
バイ(白鐵男)役: 周群達(ダンカン・チョウ)
ユー(小宇)役: 金勤(キング・チン)
CC(CC)役:  季宏全(ダダ・ジー)
アラン(ALAN)役: 楊竣閔(ジミー・ヤン)
ジュン(俊)役: 張大鏞(ジェイソン・チャン)
ケビン(KEVIN)役: 余發揚
ジェイ(JAY)役: 黃冠捷
【製作年度/国】
2004年/台湾

【オフィシャルサイト】
日本|台湾


【あらすじ】
田舎で生まれ育ったティエン(トニー・ヤン)。17歳である
彼の趣味は読書。愛読書は「愛とは信仰なり」。
b0026075_22564197.jpg
純粋で恋にうぶなティエンは、以前からあこがれていた
都会で夏休みを過ごそうと、単身台北に乗り込んだ。
新たな出会いや恋に胸をときめかせながら、夏休みを
過ごすことを楽しみにしていた。

台北に到着後、クラブのバーテンとして働いている
中学時代の同級生ユー(キング・チン)と再会。そして、
そこで超イケメンのバイ(ダンカン・チョウ)という30歳の
香港人男性と出会った。誰もが魅了されてしまうという
バイの不思議な魅力に、ティエンは・・・。

■トロント国際映画祭 正式上映作品
■釜山国際映画祭 正式上映作品
■アジア太平洋映画祭 コンペティション部門 正式上映作品
■ストックホルム国際映画祭 Asian Images上映作品
■パームスプリング国際映画祭 正式上映作品


【私の感想】
同性愛を題材にした映画にしては、明るく、爽やかで
ごく普通の恋愛映画と変わりないように思います。いや、
むしろ、純粋で”かわいい”という印象が強く残りました。
笑える場面も多く、面白かったぁ~と思える作品でした。


★2005/12/01に行われた試写会の舞台挨拶★

案内状のハガキには、舞台挨拶があるとは記載されて
いなかったのですが、会場に入ると関係者席やカメラが
あったので、もしや誰か来るのではと思い、私は前方の
席に座ったのです。そしたら、バイ役のダンカン・チョウが!
格好いい~。笑顔と低音で落ち着いた話し方が彼の魅力
だと思います。以前に不祥事を起こしたようですが、、、
「17歳的天空」「人魚朵朵」「七剣」と作品にも恵まれ、復活
できて良かったです。 
b0026075_22554587.jpg
舞台挨拶には、日本のダンカンさんも登場。
(科学技術館サイエンスホールにて)
[PR]
by superako | 2006-02-06 22:57 | 台湾映画
b0026075_2285284.jpg人魚朵朵
The Shoe Fairy
靴に恋する人魚(※日本一般公開予定)

【スタッフ】
監督:  李芸嬋(ロビン・リー)
美術設計:  王逸飛(ワン・イーフェイ)
プロデュース: 劉徳華(アンディ・ラウ)

【主な出演者】
ドウドウ(朵朵)役: 徐若瑄(ビビアン・スー)
スマイリー歯科医師役: 周群達(ダンカン・チョウ)
堂娜、朱約信 ほか。

ナレーション: 劉徳華(アンディ・ラウ)

【製作年度/国】
2005年/台湾

【オフィシャルサイト】
台湾

【あらすじ】
生まれつき足の不自由な少女・ドウドウは、寝る前に
両親に絵本を読んでもらうのが一番の楽しみなのだが、
両親は「人魚姫」だけは読ませないようにしていた。
しかし、ドウドウがどうしても読んでくれとせがむので、
その絵本を読み聞かせることにした。“人魚姫”は声と
引き換えに人間の足をもらえる話である。

ある日、両親はドウドウに足の手術を受けさせようと
しましたが、ドウドウは人魚姫の話を思い出し、手術
を受けることを嫌がって・・・。


【私の感想】
ドウドウの役は、ビビアン・スーさんしかいないという
くらいはまっていましたし、なんと言っても洋服や靴など
セットが素敵です。(実用性を考えたらダメだけど、、、)

コミカルで絵本のように”かわいらしい”と思える作品
なのですが、心の移り変わり、繊細な部分もしっかり
描かれています。ですから、内容としては、以外と
まじめです。


★第18回東京国際映画祭★
2005/10/27の上映後ティーチイン
b0026075_2293078.jpg

<ロビン・リー監督>
Q: すごいかわいらしい映画で。インテリアや靴は
   もちろん洋服や、建物の色とかすごくこだわりが
   感じられました。中でも、何にこだわりましたか?

A: 監督 「美術もスタイリストも全部同じ人で、8年
   もの付き合いになる親しい女友だちなんです。
   この映画の美術のコンセプトは、まるで童話その
   ものの映画にしたいと考えてました。その長いこと
   一緒に仕事をしていて、だいたい台湾映画は暗くて
   きれいじゃないものが多いので、“自分たちが映画
   を撮るときは、ピンク色の映画にしようね”って2人
   でよく話してたんです。予算はほんとに限られていたし、
   人手も少なくて美術にはすごく苦労したんです。
   しかし意外なことに、台湾の金馬奨の美術賞に私達も
   ノミネートされているんです(場内盛大な拍手)。」



Q: ビビアン・スーをはじめ、キャスティングがとてもいい
   と思いました。どういう風にしてキャスティングされた
   のですか?

A: 監督 「すぐに一致したのは、主役はビビアンにやって
   もらうしかないということでした。彼女はすごく若いという
   わけではないですから、結婚してお母さんになって、
   という役にも合っていると思ったのです。顔も童顔で、
   かわいらしい主人公にいかにもぴったりだと思ったのです。
   彼女はずっとふさわしい映画の役をもらってなかったので、
   この役をすごく気に入ってくれて、会って5分も経たない
   うちに“ぜひ、やらせてください”と言ってくれたのです。
   ビビアンからダンカンを紹介されました。ダンカンが出演
   している『僕の恋、彼の秘密』が同じ制作会社だという
   こともあって、彼もすぐに決まりました。」
[PR]
by superako | 2006-02-06 22:10 | 台湾映画
b0026075_19564654.jpg
藍色大門
Blue Gate Crossing
藍色夏恋

【スタッフ】
脚本・監督:
易智言(イー・ツーイェン)

【主な出演者】
陳柏霖(チェン・ボーリン)、桂綸[金美](グイ・ルンメイ)、
リャン・シューホイ ほか 

【製作年度/国】
2002年/台湾・フランス

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】

17歳のモン・クーロウ(グイ・ルンメイ)は、普通の高校生。
水泳部のチャン・シーハオ(チェン・ボーリン)に告白する
勇気がない親友リン・ユエチェン(リャン・シューホイ)の
代わりに「付き合っている子いる?」と聞いてあげたり、
ラブレターを渡してあげたりと世話をやいていた。しかし、
何故かそのラブレターの差出人がモンの名前になって
いたのだ。チャンは、モンをより強く意識し始めるのだが、
モンは心を開かない。 ある夜、モンは今まで誰にも言え
なかった秘密をチャンに告白し始める。 
彼女の秘密を知ったチャンは…。

2002年 第15回東京国際映画祭 コンペ部門上映作品


【私の感想】

親友と親友の好きな人の仲をとりもってあげてる内に
自分もその人を好きになっちゃう・・・というような単純な
ストーリーかと思ったら、そうじゃなかった。
ラストでチャン・シーハオがモン・クーロウに言った言葉が
印象的。モンを否定することなく、ありのままを受け止めて
いるところが好青年って感じで良かった。

チェン・ボーリンって金城武に似てるなーって思ってたら、
「小・金城武」と呼ばれることもあるらしいです。
b0026075_19533044.jpg
2002年東京国際映画祭での
監督、グイ、チェン の3人。
[PR]
by superako | 2004-10-19 14:43 | 台湾映画