ブログトップ

アジア映画鑑賞記録 --- Ako's Web Studio ---

superako.exblog.jp

香港・中国映画を中心とした鑑賞記録 since 2004.9.13

カテゴリ:韓国映画( 14 )

b0026075_1672429.jpg100 Days with Mr. Arrogant/Love Ssa-ga-ji
愛しのサガジ

【スタッフ】
監督・脚色: シン・ドンヨプ

【主な出演者】
女子高生ハヨン 役:   ハ・ジウォン
大学生ヒョンジュン 役: キム・ジェウォン
ヨンウン 役:  キム・テヒョン
ヒョンジュ 役:  ハン・ミン
ハヨンの母 役: イ・ウンギョン
ハヨンの父 役: キム・チャンワン  
ヒョンジュンの父 役: キム・ヨンゴン ほか。
b0026075_1674237.jpg

【製作年度/国】
2004年/韓国

【オフィシャルサイト】
韓流シネマ・フェスティバル2006

【あらすじ】b0026075_16115315.jpg
高校3年生のハヨン(ハ・ジウォン)は、ボーイフレンド
にたった100日で振られてしまった。イライラしていた
彼女が蹴飛ばした空き缶が通りすがりの大学生
ヒョンジュン(キム・ジェウォン)の高級外車に・・・。

■2004年第18回福岡アジア映画祭上映作品
■原作は、現役女子高生のインターネット小説。
■「サガジ」とは韓国語で「礼儀知らず」のこと。


【私の感想】
”ご主人様と奴隷”こんなこと、実際にはあり得無い
でしょうって感じのストーリーのように思いましたが、
意地っ張り者同士のハヨンとヒョンジュンの行動は、
面白かったです。ハ・ジウォンさんが元気のいい
女子高生がどんどん精神的に成長していくあたり
をうまく演じています。
[PR]
by superako | 2006-11-29 16:12 | 韓国映画
b0026075_13264720.jpgあしながおじさん(原題)(키다리아저씨)
Daddy Long Legs
ふたつの恋と砂時計

【スタッフ】
監督: コン・ジョンシク
原作: ジーン・ウェブスター
脚本: キム・ヒョンジュン

【主な出演者】
ヨンミ役:    ハ・ジウォン
ジュンホ役:  ヨン・ジョンフン
ヨンウ役:    パク・ウネ
ヒョンジュン役: ヒョンビン  ほか。

【製作年度/国】
2005年/韓国

【オフィシャルサイト】
日本

b0026075_1328341.jpg【あらすじ】
ラジオの放送作家、ヨンミ(ハ・ジウォン)は、
自分を支援してくれた“あしながおじさん”
との出会いを夢見ていた。

彼女が偶然見つけた恋物語のヒロイン、
ヨンウ(パク・ウネ)は、片想いの相手に
声すら掛けられない内気な女性。
二つの恋物語が、やがて・・・。

【私の感想】
見返りを期待しない”無償の愛”。いいですねぇ。
とても心温まる作品なので気に入っています。
[PR]
by superako | 2006-11-24 13:28 | 韓国映画
b0026075_22421683.jpgLove So Divine
恋する神父

【スタッフ】
監督: ホ・インム
製作: ユ・インテク
脚本: ユン・ウンギョン、ホ・インム
撮影: キム・ジェホ
音楽: スルヴィアン

【主な出演者】
キム・ギュシク役: クォン・サンウ
ボンヒ役:     ハ・ジウォン
ソンダル役:    キム・イングォン
ナム神父役:   キム・インムン
キム修道女:   キム・ソンファ  ほか。

【製作年度/国】
2004年/韓国

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】b0026075_22423846.jpg
神父になるため修行中のマジメな神学生ギュシクは、
司祭になる儀式を1か月後に控えていた。しかし、
彼は、友人が起こしたトラブルが原因で、地方の
教会に行って精神修業するよう言い渡されてしまう。
そして、ギュシクは、そこで教会の神父の姪である
ボンヒと出会うのだが・・・。

■クォン・サンウは、本作の撮影後、本当にカソリック
  に入信したなんていう裏話もあったりします。
  (※本当かどうか私はわかりません。。。)

【私の感想】
観る前からだいたい想像のつくストーリー展開では
ありますが、、神学生の心の葛藤、純粋なところが
かわいいです。そして、本作品の一番の見所は、
なんと言っても、彼ら(クォン・サンウ+ハ・ジウォン
+キム・イングォン)が歌うシーンでしょう。
とても楽しくなる歌でしたよ。ハッピー♪な気持ちに
なりたい時に観てほしい作品です。
[PR]
by superako | 2006-11-20 22:42 | 韓国映画
b0026075_13361476.jpg外出
四月の雪

【スタッフ】
監督: ホ・ジノ

【主な出演者】
インス役: ペ・ヨンジュン
ソヨン役: ソン・イェジン
インスの妻役: イム・サンヒョ
ソヨンの夫役: リュ・スンス

【製作年度/国】
2005年/韓国

【オフィシャルサイト】
日本(BIGLOBE):四月の雪スペシャルサイト


【あらすじ】
照明ディレクターのインス(ぺ・ヨンジュン)は、妻の交通事故
の知らせを受けコンサート会場を飛び出し、病院へ向かった。
病院の廊下の奥には、一人の女性ソヨン(ソン・イェジン)が
椅子の上にうなだれ座り込んでいた。不慣れな街で困惑す
る二人に事故よりも受け入れがたい事実が知らされる・・・。

【私の感想】
こんな複雑な思いで看病を続けなくていけないなんて・・つらい。
たぶん、本人の口から真実を聞きたい一心なのだろうと思う。

残念なことに、特に盛り上がるというような場面がなく、淡々と
話が進んでいくので、ちょっと眠くなってしまった。
[PR]
by superako | 2006-08-30 13:40 | 韓国映画
b0026075_22462319.gif原題:逆転に生きる
Reversal Of Fortune
人生の逆転

【スタッフ】
監督・脚本: パク・ヨンウン

【主な出演者】
カン・スンワン役: キム・スンウ
ハン・ジヨン役:  ハ・ジウォン
デシク役:     カン・ソンジン
ソンジュ役:    コ・ホギョン(友情出演)
マ・ガンソン役:  イ・ムンシク
警官役: イム・チャンジョン(特別出演)

【製作年度/国】
2003年/韓国

【オフィシャルサイト】
関連サイト(韓国)

【あらすじ】
少年時代は”ゴルフの神童”、大人になったら”タダの人”
となって情けない生活を送るカン・スンワン(キム・スンウ)。
ある日、破産寸前で人生の崖っぷちを彷律うスンワンは、
車でトンネルを暴走中に自分とよく似た男とすれ違いざま
に壁に激突! 目覚めたスンワンはこれまでの世界と何
かが違っていることに気付く。そんなスンワンの前に1人
の女性ジヨン(ハ・ジウォン)が現れ・・・。

■韓流シネマフェスティバル2005上映作品

【私の感想】
もし、全く別の世界があるのなら、もう一人の自分(自分と
よく似た人物)は、どんな生活をしているんだろう。
元気で暮らしているだろうか。観終わった後、ふとそんな
事を考えてしまいました。もう一人の自分に恥じない人生
を送らないとなぁ。
[PR]
by superako | 2006-08-29 22:47 | 韓国映画
b0026075_221022.jpg色即是空
SEX IS ZERO
セックス イズ ゼロ ( ※R-18作品 )

【スタッフ】
監督: ユン・ジェギュン

【主な出演者】
イ・ウニョ役: ハ・ジウォン
ウンシク役:  イム・チャンジョン

チン・ジェヨン
チョン・ミン  ほか

【製作年度/国】
2002年/韓国

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
軍隊除隊後、遅れて新入生になったウンシク(イム・
チャンジョン)は、校内のエアロビチームのトップである
ウニョ(ハ・ジウォン)に一目惚れしてしまった。しかし、
そんな彼の想いとは裏腹にウニョと親しくなることが
できないだけでなく、”変態&情けない男”だと誤解され
るような事件ばかりが続いていた・・・。

■2003年 第39回 百想芸術大賞人気賞受賞
■韓流シネマフェスティバル2005上映作品


【私の感想】
笑えましたね(^0^) よくあるラブコメですが、ウンシクの
ウニョに対する真摯な気持ちは観ていて心打たれました。
[PR]
by superako | 2006-08-29 22:10 | 韓国映画
b0026075_22454445.jpg同感
Ditto
リメンバー・ミー

【スタッフ】
監督:  キム・ジョングォン 
挿入歌: 「悲しいい香織り」ホン・ソンギン
挿入歌: 「君のために」イム・ジェポム

【主な出演者】
ユン・ソウン役: キム・ハヌル
チ・イン役:  ユ・ジテ
ソ・ヒョンジ役:  ハ・ジウォン
チ・トンヒ役:  ハク・ヨンウ
ホ・ソンミ役:   キム・ミンジュ

【製作年度/国】
2000年/韓国

【オフィシャルサイト】


b0026075_2247975.jpg【あらすじ】
1979年ソウル。学生運動が激化する中、英文科に通う
ソウン(キム・ハヌル)は1人の男性に恋をしていた。同じ
大学に通う一年上の先輩で最近兵役を終え、復学した
トンヒ(パク・ヨンウ)だ。積極的ではないソウンはいつも
影から彼を見つめ、入院中の親友ソンミ(キム・ミンジュ)
に彼の事を熱く語っていた。 そんなある日、ソウンが
教室でデモのミーティングをしているトンヒを盗み
見していると・・・。

■第21回青龍賞 人気スター賞授賞(ユ・ジテ)
■第21回青龍賞 助演女優賞(ハ・ジウォン)
■第8回春史映画芸術賞 新人監督賞(キム・ジョングォン)
■第8回春史映画芸術賞
  男子新しい顔演技賞授賞(ユ・ジテ)

■「時の香り~リメンバー・ミー~」は、2001年日本リメイク版


【私の感想】
1979年に生きる女性ソウン(キム・ハヌル)と2000年に
生きる青年イン(ユ・ジテ)のとの時を越えた不思議な
交流が続けられていく中で、インがある事に気づき、
戸惑いを隠せなくなっていく姿がうまかったと思います。
もちろん、ソウン(キム・ハヌル)の純粋さもうまく表現
されていたと思います。

また、自分とのデートよりも無線機をいじってる時の方
が生き生きとしてきているインを”不満そうに”見つめる
ガールフレンドのヒョンジ(ハ・ジウォン)の演技も
良かったです。
[PR]
by superako | 2006-06-21 22:47 | 韓国映画
b0026075_11324763.jpgTruth or Dare
真実ゲーム

【スタッフ】
監督: キム・ギヨン

【主な出演者】
ハン・タヘ役:      ハ・ジウォン
チョ・ジェヒョン検事役:アン・ソンギ
ミン刑事役:       クォン・ヨンウン
マネジャーTM企画:  キム・ミンジョ
部長検事役:      イ・ムジョン
トン役: イ・ウォンドゥ
ヨンジュ役: チョン・ブミ
会長役: チェ・ユラン
歌手チョ・ハロク役:  チョ・ハロク
チョ検事の妻役:    ヤン・ミギョン 
ハン・タヘの母役:   キム・ヘジョン
チョ・ハロクの母役:  ナム・ユンジョン

【製作年度/国】
2000年/韓国

【オフィシャルサイト】
日本

b0026075_11325510.jpg【あらすじ】
ある晩、人気ロック歌手チョ・ハロクが死体で発見された。
その後、彼のファン・クラブ会長である女子高生ハン・タヘ
が警察に電話をかけ自首してきたのだ。殺害理由は、
「強姦されそうになったから、殺した」と言う。
この事件を担当することになったチョ検事は・・・。

■この映画は、1995年に韓国で実際に起きた
  人気ロック歌手(人気グループ<DEUX>の
  メンバーキム・ソンジェ)殺人事件を題材にしており、
  この映画が公開されたときには、事件の関係者
  から抗議があったようです。

■2000年 第37回大鐘賞映画祭 新人女優賞(ハ・ジウォン)
■2000年 第1回釜山国際映画祭映画評論家賞新人女優賞
■2000年 第8回春史映画芸術賞新人監督賞・特別演技賞
■2001年 第24回黄金撮影賞最高人気女優賞


【私の感想】
容疑者の17才の女子高生と40代の検事との繊細な
心理戦を描いたサスペンスです。取調べ中に度々
回想される過去の出来事、彼女が言っている事は
本当なのか嘘なのか?緊張感の続くストーリー展開
だったので、最後の最後まで引き付けられました。

韓国のファンクラブとかって・・
本当にこんな感じなんだろうか?
[PR]
by superako | 2006-06-19 11:33 | 韓国映画
b0026075_1475911.jpgDUELIST
デュエリスト

【スタッフ】
監督: イ・ミョンセ
原作: 「茶母」(パン・ハッキ)
脚本: イ・ミョンセ イ・ヘギョン

【主な出演者】
ナムスン 役:  ハ・ジウォン
悲しい目 役:  カン・ドンウォン
アン刑事 役:  アン・ソンギ
ソン長官 役:  ソン・ヨンチャン
ボンチュル 役: ユン・ジュサン
従事官 役:    ト・ヨング
マチュクチ 役:  シム・チョルジョン
ペ刑事 役:    ペ・ジュンシク
ファン刑事 役: ファン・ウィドゥ
チャン刑事 役: チャン・インボ
ユ刑事 役:   ユ・ヨンウク

【製作年度/国】
2005年/韓国

【オフィシャルサイト】
日本韓国

【あらすじ】b0026075_1481152.jpg

朝鮮王朝時代。偽金が大量に出回り、市場に潜入捜査
にあたる捕盗庁<ポドチョン>の刑事たち。若い女刑事
ナムスン(ハ・ジウォン)も酒売り娘に変装している。
父親のような先輩アン(アン・ソンギ)に仕込まれたナムスン
の武術の腕は一級だ。

ナムスンは、剣の舞を披露している鬼の仮面をつけた男
(カン・ドンウォン)に目を留める。男は見物人たちの拍手
を浴びて退場したかと思うと、小さな金の仏像の受け渡し
をしている男たちを斬り、それを奪った。まさに一瞬の
早業だった。主を失った馬車が暴走し、散乱した積み荷
の銅銭に群衆が殺到して大混乱に陥る中、ナムスンは
仮面の男を追って剣を交える・・・。

■日本公開版は、ラブストーリーに特化したものに編集
  されているそうです。

【私の感想】
原作がTVドラマ「チェオクの剣」と同じですが、全く違う作品
に仕上がっていますので、別物と考えていいと思います。

「チェオクの剣」と比べると、色彩が鮮やかできれいだった
のですが、映像を観ていて、途中酔いそうになりました。
私だけかしら!?

悲しい目(カン・ドンウォン)は、手足が長いこともあり、
剣の舞の時は、優雅さがうまく表現されていて素敵でした。
それと、主演2人の”眼”が良かったです。眼力があって。

ハ・ジウォンさん、「チェオクの剣」でも格好いいなぁ~と
思いましたが、今回もすごかったです!普通の女優さんなら、
ナムスン役は、絶対嫌がるでしょうね。アクションとは別に
変な顔・歩き方・話し方をしなくてはいけないんですから。
ラブストーリー、コメディー、ホラー、アクションとあらゆる
ジャンルをこなせる彼女ならではの演技だったと思います。
[PR]
by superako | 2006-04-29 01:53 | 韓国映画
b0026075_143176.jpgThe Phone
ボイス

【スタッフ】
監督:アン・ビョンギ
製作:アン・ビョンギ、キム・ヨンデ
脚本:アン・ビョンギ、イ・ユジン

【主な出演者】
ジウォン役:  ハ・ジウォン
ホジュン役:  キム・ユミ
チャンフン役: チェ・ウジェ
ジニ役:     チェ・ジヨン
ヨンジュ役:   ウン・ソウ

【製作年度/国】
2002年/韓国

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
女性ジャーナリストのジウォンは、執拗な尾行や脅迫電話
に悩まされていた。 最近、彼女が手がけた援助交際の
スクープ記事を逆恨みした男の仕業のようだ。彼女の親友
ホジュンは、ジウォンの身を心配し、携帯電話の番号を
変更し、しばらくの間身を潜めるように勧めた。

ホジュンの夫チャンフンは、使用していない別宅を隠れ家
として使うようにジウォンに申し出た。ホジュンとチャンフン
には、幼い娘ヨンジュがおり、非の打ち所のない理想的な
家庭を築いていた。

ジウォンが変更した携帯番号は、《Oll-9998-6644》。
電話会社のオペレーターが使用可能な番号を検索すると、
不思議なことにこの番号しかコンピュータ画面に現れないのだ。
気丈なジウォンは「これも何かの縁よ」と気にもかけなかった・・・。

■2002年東京国際ファンタスティック映画祭 正式出品作品

【私の感想】
ホラー映画ですが、サスペンスというイメージが強かったように
思います。

ジウォンの気丈さは、ジャーナリストという職業柄なんでしょうか。
だとしても、なんでジウォンは、命をがけで親友の娘を守ろう
としているんだろう。しかも、1人で真相を探るなんて・・・
すごすぎるって思いながら観ていました。(後半に入って、
その理由がわかると素直に納得できます。)
[PR]
by superako | 2006-04-29 01:46 | 韓国映画