ブログトップ

アジア映画鑑賞記録 --- Ako's Web Studio ---

superako.exblog.jp

香港・中国映画を中心とした鑑賞記録 since 2004.9.13

<   2005年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0026075_1548616.jpg向左走・向右走
Turn Left Turn Right
ターンレフト ターンライト

【スタッフ】
共同監督/製作総指揮: 杜琪峰(ジョニー・トー)
共同監督/製作総指揮/脚本: 韋家輝(ワイ・カーファイ)

【主な出演者】
学生番号763092 ジョン・リュウ役: 金城武(カネシロ・タケシ)
学生番号784533 イブ・ツァイ役: 梁詠琪(ジジ・リョン)
ドクター・フー役: 陳之財(エドマンド・チャン)
シャオホン役: 關穎(テリー・クァン)

【製作年度/国】
2003年/香港

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
b0026075_15482367.jpg
引っ込み思案なバイオリニストのジョン(金城武)。
名もない翻訳家のイブ(ジジ・リョン)。
ジョンは右に、 イブは左に曲がるという癖があるため、
2人は1度も顔をあわせたことがない。でも、実は、既に
何度も出会っていたのだ。 

ある日、偶然公園で出会い、 お互いが幼い頃に思いを
寄せていた同士ということがわかった。そして、名前も
告げぬまま電話番号の交換だけをして別れたのだ。
しかし、突然の雨で・・・。


■原作は、台湾の絵本作家、ジミー・リャオ(幾米)のベストセラー絵本。

【私の感想】
全体的に早くなく遅くなく、ちょうどいいテンポでストーリーが
展開していきます。 また、普段なにげなく歩いている通りも、
ほんのちょっと行動を変えたら、いつもとは違って見えてくるかも!?
と思わせてくれる内容。観終わった後、家を飛び出して、ぶらぶら
散歩したくなります。

自分が知らないだけで、私にも《何度もすれ違っている人》が
いるんだろうか? 私は、原作となった絵本を読んでいないので、
どこまで忠実に再現されているのかがわかりません。
ただ、綺麗な色合いだったので、いい感じで再現されてたのかな
と思います。機会があれば、原作も読んでみたいです。
[PR]
by superako | 2005-05-19 15:51 | 香港映画
b0026075_2258414.jpg卡拉是条狗
CALA, MY DOG!
わが家の犬は世界一

【スタッフ】
監 督・脚 本: 路學長(ルー・シュエチャン)
製作総指揮: 馮小剛(フォン・シャオガン)

【主な出演者】
父(ラオ)役:    葛優(グォ・ヨウ)
息子(リアン)役: 李滨(リー・ビン)
妻(ユイラン)役: 丁嘉麗(ディン・ジャーリー)  
警官(チャン)役: 夏雨(シア・ユイ)  ほか。

【製作年度/国】
2002年/中国

【オフィシャルサイト】
日本中文英語

【あらすじ】

目覚しい発展を続けている北京。
夜勤労働者のラオ(グォ・ヨウ)は、妻(ディン・ジャーリー) 
や息子(リー・ビン)より、自分を慕ってくれる愛犬カーラの
ことが大好きでたまらない。しかし、中国で犬を飼うのには
免許が必要なのだが、愛犬カーラは、まだ未登録。免許の
登録料が高額なため、ラオの収入では…。

ある晩、カーラを連れて散歩に出た妻は公安の取締りに
遭い、未登録のカーラは取り上げられてしまった。夜勤明け
で戻ったラオはその事実を知って呆然とする。
こうして、カーラを取り戻すための悪戦苦闘が始まった・・・。


■ 1994年北京市は、衛生上の問題から、犬の飼育の厳重
  制限を決定。 翌年1995年5月1日より一斉取締りが始まり、
  公安への登録と登録料(初年度5000元 :約70,000円)の
  支払いが義務づけられるようになった。本作品の公開後の
  2003年10月に規定が一部改定され、登録料が1,000元
  まで引き下げられたとの事。


【私の感想】
タイトルからすると゛愛犬カーラ゛が主人公なのかと思って
いたのですが、、、なんかちょっと違いました(笑)。

現代中国の生活状況が覗けるという点では、とても興味
深い作品です。 ( どこの国の奥さんも、生活費、子供の
学費やら家計のやりくりが大変。。。 )

父ラオ(グォ・ヨウ)が愛犬しか自分に気を使ってくれないと
嘆いていたり、妻(ディン・ジャーリー) &息子(リー・ビン)
の気持ちを考えると、なにかと忙しくて忘れがちですが、
やっぱり対話は大事だなとつくづく考えさせられます。

ラストが字幕だけで終ってしまったのが少し残念。
字幕の部分も映像でちゃんとみたかったような
気がしました。
[PR]
by superako | 2005-05-16 23:04 | 中国映画
b0026075_22495569.jpg千機變
THE TWINS EFFECT
ツインズ・エフェクト

【スタッフ】
監督: 林超賢(ダンテ・ラム)
アクション&共同監督:「HERO」「ブレイド2」の甄子丹(ドニー・イェン)

【主な出演者】
見習いスレイヤー・ジプシー役: 鍾欣桐(ジリアン・チュン)
リーヴの実妹・ヘレン役: 蔡卓妍(シャーリーン・チョイ)
スレイヤー・リーヴ役: 鄭伊健(イーキン・チェン)
リーヴのパートナー役: 何超儀(ジョシー・ホー)
プリンス・カザフ役: 陳冠希(エディソン・チャン)
カザフの執事・プラダ役: 黄秋生(アンソニー・ウォン)
デコテス公爵役: Mickey Hardt(ミッキー・ハート) 
救急隊員・ジャッキー役: 成龍(ジャッキー・チェン) ※特別出演
ジャッキーの彼女アイヴィ役: 莫文蔚(カレン・モク) ※特別出演

【製作年度/国】
2003年/香港

【オフィシャルサイト】
香港

【あらすじ】
ヴァンパイア・スレイヤーのリーヴ(イーキン・チェン)は、
吸血鬼デコテス公爵(ミッキー・ハート)との対決の際、
パートナー(ジョシー・ホー)を殺されてしまった。 

デコテス公爵は、ヴァンパイア界の聖典『昼と夜の書』の
予言「吸血鬼の王子6人の血を集め、この書を聞くものは
全世界の支配者となれる。」に従い、一族の頂点の座を
手に入れようとしていた。既に5人分を入手。残るは、
プリンス・カザフ(エディソン・チャン)1人となっていた・・・。


【私の感想】
ハリウッド映画で似たようなのがあった感じもしますが・・。
それはさておき、香港スーパーアイドル・Twins(シャーリーン
・チョイ & ジリアン・チョン)の主演作品。

イーキン・チェンが素敵でした! 戦闘シーンもいいし、なんと
言っても、優し~いお兄ちゃん的な役がとても似合っています。
彼の存在が作品全体をまとめてる感じです。

いつも睨んでたりしてる役が多いというイメージが私の中で
強いプリンス・カザフ役のエジソン・チャン。彼の笑顔は、
かなりかわいいぃ~! 人気があるのもうなずけるなぁ。

本作品には、ジャッキー・チェンが特別出演していますが、
貫禄ありすぎです。途中観てて、誰の映画かわからなくなる
ぐらいでしたもん。
[PR]
by superako | 2005-05-16 22:51 | 香港映画
b0026075_0105533.jpg幸福時光
Happy Times
至福のとき

【スタッフ】
監督: 張藝謀(チャン・イーモウ)
撮影: 侯咏(ホウ・ヨン)

【主な出演者】
チャオ役: 趙本山(チャオ・ベンシャン)
ウー・イン役: 董潔(ドン・ジエ)
フー役: フー・ピアオ ほか。

【製作年度/国】
2002年/中国

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
近代化が進む中国の都市、大連。 中年男チャオ
(チャオ・ベンシャン)は、お見合いに18回も失敗し、
おまけに工場をリストラされて失業中の身。 しかし、
どうしても結婚したいという思いで再びお見合いを。

今回の相手の女性(ドン・リーファン)は、離婚暦2回、
2人の子持ちでかなりふくよかな人だった。チャオは、
その女性から結婚資金として5万元を請求され困り
果てていた。チャオは、同僚のフー(フー・ピアオ)の
提案で・・・。

■第52回ベルリン国際映画祭 特別招待作品


【私の感想】
お見合い相手の女性から前夫の娘ウー・イン(ドン・ジエ)
を押し付けられたにもかかわらず、いつの間にか、その
少女のことを親身になって、受け止めてあげているのには、
どこかホッとできます。

また、チャオと工員達の少女を思うがあまりの事とは言え、
彼らのとった行動は、決して正しいとは言えないと思う。
けれど、そこには、なんとも言えない暖かさがあり、作品
全体にほのぼの感がでて良かったと思います。

義理人情が薄れてきているように思えてならない日本。
忘れないようにしたいものですなぁ。。。
[PR]
by superako | 2005-05-16 00:11 | 中国映画
映画鑑賞はしてるんだけど、なんだか、パソコンの前に
座る気がしなくて。。未投稿作品も気が付いたら7本に・・。
まぁ、無理せずぼちぼちといきますかな。
[PR]
by superako | 2005-05-13 00:01 | ひとりごと