ブログトップ

アジア映画鑑賞記録 --- Ako's Web Studio ---

superako.exblog.jp

香港・中国映画を中心とした鑑賞記録 since 2004.9.13

<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

b0026075_0152830.jpg魔幻厨房
Magic Kitchen
マジック・キッチン 

【スタッフ】
監督: 李志毅(リー・チーガイ)

【主な出演者】
オーナーシェフ・慕容優 役: 鄭秀文(サミー・チェン)
ヨウの元カレ・傳佑 役:    劉德華(アンディ・ラウ)
アシスタントの小可 役:    言承旭(ジェリー・イェン) ほか。

【製作年度/国】
2004年/香港

【オフィシャルサイト】
香港日本

b0026075_0155193.jpg【あらすじ】
母親直伝のレシピにより、香港で人気の「私房菜館
(プライベート・レストラン)」のオーナーシェフ・慕容優
(サミー・チェン)。 日本の料理コンテスト番組の出演
依頼を受けた彼女は、助手の小可(ジェリー・イェン)
とともに、東京へ向かう。

しかし、そこで偶然にも元カレの傳佑(アンディ・ラウ)
と出会う。 5年ぶりの再会に慕容優は、彼との復縁を
考えるのだが、傳佑は、慕容優の親友・傳薇(Maggie Q)
と付き合うことに。実は、慕容優の家系は、先祖の因縁
で代々女性が料理人となり、愛する男性に捨てられる
という、とんでもない宿命を背負っていた・・・。

■香港の作家・林詠琛の小説「魔幻厨房」を映画化。

【私の感想】
日本では、F4 Film Collection 2005 の為、ジェリーの
生声が聞ける北京語ヴァージョンが上映されました。
なので、アンディ・ラウら他の出演者は吹替えです。
サミー・チェンのイメージがかなり変わっているので、
広東語版で見直そうっと。
[PR]
by superako | 2005-07-24 00:17 | 香港映画
現在、NHKBS2の「宮廷女官チャングムの誓い/大長今」
前半27話までが集中アンコール放送されていますが。
( 7月11日~28日の月曜~金曜 )

7/11: 再放送(2話)
7/12: 再放送(2話)
7/13: 再放送(2話)+先週の通常放送(1話)=連続3話
7/14: 再放送(2話)+通常放送(1話)=連続3話

と連続で観たせいか、夢までみてしまいました。
しかも、夢の中で私は、キョン・ミリさん演じる ” チェ尚宮 ”
に叱られてて。 m(_ _)m 「すみません」 って謝ってる時に
目が覚めました。次に夢を見る時は、どうか褒められてますように。
b0026075_1815947.jpg
[PR]
by superako | 2005-07-15 18:16 | ひとりごと
b0026075_2136235.jpg黑獄斷腸歌之砌生豬肉
Chinese Midnight Express
トニー・レオンのミッドナイト・エキスプレス

【スタッフ】
監督: 鄧衍成(ビリー・タン)

【主な出演者】
新聞記者・程安 役:  梁朝偉(トニー・レオン)
クラブ歌手・蔡小慈 役: 張艾慈(ピンキー・チャン)
羊頭・飛機木 役:  呉孟達(ン・マンタ)  ほか。

【製作年度/国】
1997年/香港

【オフィシャルサイト】


b0026075_21383452.jpg
【あらすじ】
正義感の強い新聞記者の程安(トニー・レオン)は、高官の
汚職を暴く記事を書いた。ある日、張耀祖警部がナイトクラブ
歌手の蔡小慈(ピンキー・チャン)に言い寄っていたところを
程安が助けたため、警部に目をつけられてしまう。 程安は、
突然、麻薬所持の罪を着せられ・・・。



【私の感想】
原題「黑獄斷腸歌之砌生豬肉」って、このタイトルだとあまり
観たいと思わないのですが、、、トニー・レオン出演作品と
いうことで観てみました。 

何事もまじめにやっている方が損をしている。・・・そんな風
に思うことが多い私には、世の中、要領のいい人、経済的に
力のある人達だけが勝つんだと言わんばかりの内容は、
きつかった~。 でも、トニー扮する記者の程安が獄内を
仕切っている4人のボスから徐々に信頼されていくあたりは
人間味があって良かったです。

とは言え、このようなタイプの作品に何故 トニー・レオンが
出演OKしたのかなと思ってしまいました。
[PR]
by superako | 2005-07-09 21:42 | 香港映画
b0026075_22464445.jpg阿修羅城の瞳

【スタッフ】
監督: 滝田洋二郎
原作: 中島かずき

【主な出演者】
市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子
小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志

【製作年度/国】
2005年/日本

【オフィシャルサイト】
日本公式ブログ


【あらすじ】
文化文政。江戸の町。かつては、人を食らう鬼を斬る
「鬼御門(おにみかど)」の副長をしていた病葉出門は、
今では江戸で人気の舞台役者となっていた。 ある日、
出門は、江戸を賑わす盗賊団の一員、つばきと出会う。
強く惹かれあう2人だが、その時、つばきの肩に謎の
アザが浮かび出た。 同じ頃、鬼を率いる謎の尼僧・
美惨は、つばきのアザを、鬼の王・阿修羅の復活と
見て取り、阿修羅の力に魅せられ道を外れた鬼御門
の邪空(じゃくう)を・・・。

【私の感想】
鬼退治のお話です。
私が思っていたよりも、引き込まれる内容でした!
[PR]
by superako | 2005-07-08 22:44 | 日本映画
b0026075_22215628.jpg異度空間
Inner Senses
カルマ

【スタッフ】
監督・脚本: ロー・チーリョン(羅志良)
製作・脚本: デレク・イー(爾冬陞)

【主な出演者】
精神科医ジム役: 張國榮(レスリー・チャン)
ヤン役: 林嘉欣(カリーナ・ラム)
李子雄(ウェイス・リー)
周嘉玲(ヴァレリー・チャウ) ほか。

【製作年度/国】
2002年/香港

【オフィシャルサイト】
日本台湾

b0026075_22231568.jpg【あらすじ】
一人暮らしの孤独なヤン(カリーナ・ラム)は、新居に
引っ越したその日から、不思議な現象に悩まされていた。
浴室からうめき声が聞こえたり、鏡に何かが映って見えたり。
この怪奇現象にヤンは、徐々に情緒不安定になっていき、
いとこの勧めで優秀だという精神科医のジム(レスリー・チャン)
の診察を受けることになった。 ジムは、慣れない新居での
生活が情緒不安定の原因と診断したのだが・・・。

■香港の伝説的スター、レスリー・チャンの遺作となった作品。
  レスリーは、2003年4月1日18時40分頃、香港・中環の
  マンダリン・オリエンタル・ホテル24階から転落、死亡。
  現場には遺書が残されており、自殺のもよう --『中新網』より。

■当時、「映画の影響でレスリー・チャン自身もうつ病を患い、
  自殺に至ったのでは」と推測する報道もあった。

■林嘉欣(カリーナ・ラム):母方の祖父が日本人です。

【私の感想】
ホラー映画ですが、怖いぃ~という作品ではありません。
ヤンと精神科医ジム、2人がそれぞれの過去と向き合い、
乗り越えていく様子が描かれています。
名優レスリー・チャンの偉大さとカリーナ・ラムの演技の
うまさを観ることができる作品でした。
[PR]
by superako | 2005-07-08 22:24 | 香港映画
b0026075_2341252.jpg
2005年6月28日、東京、台北、上海を舞台に日本人
と中国人のラブストーリーを描くオムニバス映画
『アバウト・ラブ/関於愛(クワァンユーアイ)』の
来日記者会見が開催されました。

陳柏霖(チェン・ボーリン)さんたら、一段と男っぽく
なってて、素敵になってますね。 これから、映画が
2本公開されるので、楽しみです!

★『千機変Ⅱ:花都大戦(TwinsEffectⅡ)』 
  8月27日(土)公開

★『アバウト・ラブ/関於愛』 
  9月17日(土)公開
[PR]
by superako | 2005-07-03 23:42 | ひとりごと
b0026075_23142799.jpg天涯海角
Lost and Found
世界の涯てに

【スタッフ】
監督: 李志毅(リー・チーガイ)

【主な出演者】
ラム役:  陳慧琳(ケリー・チャン)
チュン役: 金城武(カネシロ・タケシ)
テッド役: 王敏徳(マイケル・ウォン)

【製作年度/国】
1996年/香港

【オフィシャルサイト】


b0026075_23144337.jpg【あらすじ】
裕福な家庭の娘、ラム(ケリー・チャン)は、不治の病に
冒されていた。ある日、彼女は街で出会ったモンゴル
出身の便利屋のチュン(金城武)に船員テッド(マイケル・
ウォン)を探してほしいと依頼した。彼女は「スコットランド
沖に死者の魂が帰って行く "世界の涯て"と呼ばれる…」
という言い伝えを教えてくれたその人を、心の支えとし、
彼を探して香港の街をさまよい続けていた・・・。

■死者の魂が集まる“世界の涯て”の伝説は,スコットランド
  にあるセント・キルダ島に由来。

■1997香港電影金像奨 
  Best Original Film Song 受賞, 陳慧琳(ケリー・チャン)

【私の感想】
金城武さんの歌っているシーンを見て、そうだ昔は、
歌手・金城武 ったことを思いだしました。懐かしい~。
彼は、役者に転向して正解でしたね。 
ケリー・チャンは、歌うまくて、さすが歌手って感じです。
歌ってる時の方が、のびのびしてます。 

主人公が不治の病という設定だから、「悲しみでいっぱい
の作品」かと思いきや、観た後、なんだか不思議な感覚に
陥ってしまいました。と言うのも、最後の最後、ラスト部分
のせいです。主人公のケリー・チャンが悲しいのにどこか
暖かさ+前向きさ+希望を感じさせたからだと思います。

困難に直面した時、どう乗り越えて生きていくべきなのか
というのが本作品のテーマです。自分の置かれた試練の
中で希望を見つけ、ポジティブな考え方で生きていくこと。
どう生きたかが大切なんだよと訴えかけてくる作品でした。
[PR]
by superako | 2005-07-03 23:18 | 香港映画
b0026075_2236147.jpg同居蜜友
Fighting for Love
ファイティング・ラブ

【スタッフ】
監督: 馬偉豪(ジョー・マ)

【主な出演者】
トンザイ(牛モツ店の若旦那)役: 梁朝偉(トニー・レオン)
デボラ(OL)役: 鄭秀文(サミー・チェン)
ミンディ(人気女優)役: 周麗淇(ニキ・チョウ)
トンザイの母役: 李楓(リー・ファン)
キャメル役: 李耀明(ジョー・リー)
牛モツ大王のおかみ役: 夏萍(ハー・ピン)   ほか。

【製作年度/国】
2001年/香港

【オフィシャルサイト】

b0026075_22392926.jpg【あらすじ】
キャリアウーマンのデボラ(サミー・チェン)は、運転中に
接触事故を起こしたにもかかわらず、もうスピードで逃げ
てしまう。追いかけてきた牛モツ屋の若旦那 トンザイ
(トニー・レオン)に問い詰められても、デボラは自分の非
を認めようとしない。2人の示談交渉は・・・。




【私の感想】
ラブ・コメディです。大人の魅力のたっぷりのトニー・レオンが
演じる素朴でコミカルな演技が素敵です! サミー・チェンは、
意地っ張りだけど、弱気な面もある主人公を演じています。
”普通にいそうな女性”をこんなにうまく、かつキュートに演じる
女優は少ないかもしれません。

トンザイの恋人・ミンディ役のニキ・チョウは、きれいなんだけど、
少しインパクトが弱い気が。でも、その分トンザイの母役の
リー・ファンがいい味を出してると思いました。
[PR]
by superako | 2005-07-03 22:45 | 香港映画
b0026075_232121.jpgMUSA -武士-

【スタッフ】
監督・脚本: キム・ソンス
製作: チャ・スンジェ

【主な出演者】
明の姫役: チャン・ツィイー
使節団奴隷ヨソル役: チョン・ウソン
使節団のチェ・ジョン将軍役: チュ・ジンモ
弓の達人チン役: アン・ソンギ   ほか。

【製作年度/国】
2001年/韓国

【オフィシャルサイト】


【あらすじ】
14世紀後半の中国・明と緊迫関係にあった高麗が明との
友好関係を築くために派遣した使節団は、スパイ容疑を
掛けられ、流刑となってしまった。流刑地へ向かう道中、
元の襲来によって解放された使節団は、その際、元の
軍隊に捕らえられていた明の姫を(チャン・ツィイー)を
偶然発見し・・・。

【私の感想】
私は、こういった戦闘シーンのある作品は、基本的に
苦手なんです。 残虐な映像ばかりが印象に残ってしまい、
胸が痛くなってしまうから。。。
(※食前には観ない方がいいかも。)

みどころは、廃墟とかした城を砦にしての元軍との攻防
シーンです。追い詰められた状況の中で、仲間を想う
気持ちでしょうか。あと、チャン・ツィイーの傲慢なお姫様
役もはまり役だったと思います。
[PR]
by superako | 2005-07-01 23:04 | 韓国映画