ブログトップ

アジア映画鑑賞記録 --- Ako's Web Studio ---

superako.exblog.jp

香港・中国映画を中心とした鑑賞記録 since 2004.9.13

<   2005年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

b0026075_19544920.jpgCCTV 中国中央電視台

『同一首歌』 日本公演

『第2回 日中友好歌謡際』が2005年10月29日、

東京国際フォーラム(A)にて開催されました!


出演者は・・・

・横浜山手中華学校
・AAA(トリプル・エー、日本)
・張明敏(チャン・ミンミン、香港)
・張行(チャン・シン、中国)
・夏川りみ(日本)
・美山加恋 楊玲&楊晶
・王力宏(ワン・リーホン、台湾)
・C-Gal(シーガル)
・申昇勛(シン・スンフン、韓国)
・酒井法子(日本)
・張惠妹(アーメイ、台湾)
・蔡國慶(ツァイ・グォチン、中国) ・・・でした。


やっぱり、王力宏(ワン・リーホン)は、格好いいぃ~!
b0026075_1955897.jpg

張惠妹(アーメイ)の時が一番盛り上がっていたように
思いました。 彼女は、「おどり、おどるな~ら~」と
「東京音頭」を歌ってみせたり、軽やかな歌声とダンス
を披露してくれましたよ!
b0026075_19554141.jpg

(左から)
シン・スンフン、王力宏、夏川りみ、張惠妹、司会者、蔡國慶
b0026075_19555681.jpg
歌謡祭は、予想していたよりも面白く、楽しい
時間を過ごせました。ぜひ、来年も開催してほしいなぁ。。
[PR]
by superako | 2005-10-31 20:06 | Music
本日、「第18回東京国際映画祭」が開幕し、「アジアの風」
部門のオープニング作品『長恨歌』を観に行ってきました!

私の座席は、1番後ろのQ列 w(☆o▽)wガーン

気を取り直して、持参した”オペラグラス”で上映前に
行われた舞台挨拶を楽しみました。 舞台挨拶に主演の
鄭秀文(サミー・チェン)と胡軍(フー・ジュン)、それから、
関錦鵬(スタンリー・クワン)監督が登場すると、会場には
歓声が上がりました。 サミーが「タノシンデクダサイ」と
日本語で一生懸命言っているのがかわいかったぁ。
-------------------------
【映画の感想】
後日、別途UPします。
-------------------------
【ティーチイン】
上映後のティーチインは、舞台挨拶を行ったせいなのか、
少々時間が短縮ぎみでしたが、うまいこと鄭秀文・胡軍・監督
それぞれのファンから質問がされ、和やかに行われました。
特に監督への質問は、私も気になるところでしたので、
監督からお話を聞けて、うれしかったです。
-------------------------
もっと、近くでサミーを見たかったなぁ~と思いながら、
午後から中国語の授業がある為、六本木駅へ向かおう
と映画館を出たら、、、

なんと、そこにサミーがいるではありませんか!
それも1.5mぐらいの距離に!
(☆。☆)キラキラ

前方からの写真撮影は、止めてくださいとのスタッフの
声が聞こえてたので、記念に後ろ姿を撮影。
b0026075_0184497.jpg
車に乗るところまで見届けました。
サミーはきれいだし、格好良かったです。
\(@^▽^@)/ ワーイ

※授業の後、六本木へ戻ってレッドカーペットを歩く姿も
  何とか見れました。 めでたし。めでたし。
[PR]
by superako | 2005-10-23 00:34 | ひとりごと
b0026075_011477.gif
「香港映画祭」開幕記念イベントとオープニング上映前
の開会式に参加する為に古巨基(レオ・クー)、張柏芝
(セシリア・チョン)、黄浩然(レイモンド・ウォン)、それに
王晶(ウォン・ジン)監督が来日。 イベントの方には、
行けなかったんですが、オープニング上映の「黒白森林
( ブラック・シティ )」を見に行ってきました。 

セシリア、綺麗でしたよ~。(写真撮影が禁止で残念。)
開会式の時は、真っ白のコートを着てて格好良かったです。
レオもレイモンドも素敵な方ですね。少々段取りが・・でしたが、
そんなに気になりませんでしたし、これからもこのような
イベントが続いてくれるといいなと思いました。
[PR]
by superako | 2005-10-21 00:04 | ひとりごと
b0026075_23313347.jpg黒白森林
Colour Of The Truth
ブラック・シティ

【スタッフ】
監督: 王晶(ウォン・ジン)、麥子善(マク・チーシン)

【主な出演者】
刑事 黄薑 役: 黄秋生(アンソニー・ウォン)
刑事 七喜 役: 劉青雲(ラウ・チンワン)
マフィア 盲超 役: 呉鎮宇(フランシス・ン)
七喜の息子 役: 黄浩然(レイモンド・ウォン)
盲超の息子 役: 陳小春(ジョーダン・チャン) 

杜[シ文]澤(チャップマン・トウ)
尹子維(テレンス・イン)
鍾欣桐(ジリアン・チョン)  ほか。

【製作年度/国】
2003年/香港

【オフィシャルサイト】


【あらすじ】
マフィアを一網打尽にする計画が進行中の中、刑事の黄薑
(アンソニー・ウォン)は、同僚刑事の七喜(ラウ・チンワン)が
実は、マフィアの黒幕である盲超(フランシス・ン)に内通して
いることを知った。 ある夜、無人の屋上で3人が対決して
いた時に3発の銃声が響き、七喜と盲超の2人が遺体で
発見された。黄薑が事実関係を明らかにしなかったため、
七喜は殉職ということで処理された。しかし、10年後、
成長した七喜の息子・黄浩然(レイモンド・ウォン)と盲超の
息子(ジョーダン・チャン)は、黄薑を父の仇と信じ、彼に
近づくのたが・・・。

■第40回台湾金馬奨・最優秀作曲賞受賞作品
■香港-日本交流年2005 香港映画祭オープニング上映作品 


【私の感想】
黒社会を背景にした3組の親子が登場し、いずれも、父と子
という関係です。マフィアのお話というよりは、”親子の絆”が
テーマになっているように思います。 緊張感あり、笑いあり
です。そして、1番の見所は、やっぱり七喜の息子・黄浩然
(レイモンド・ウォン)が最後に下す彼なりの”決断”です。

香港映画祭のオープニング上映では、字幕がよく見えにく
かったので、もう1度見直したいなぁ。。
[PR]
by superako | 2005-10-20 23:33 | 香港映画
「香港-日本交流年2005-香港映画祭」の
オープニング上映への招待状メールが届きました。

と言う訳で、10月17日に「ブラック・シティ」を観に
行ってきまーす!

香港映画祭公式サイト
[PR]
by superako | 2005-10-13 22:28 | ひとりごと
b0026075_23261999.jpg江湖
Velvet Rain
ベルベット・レイン

【スタッフ】
製作総監督: 劉德華(アンディ・ラウ)、譚詠麟(アラン・タム)
プロデューサー: 曾志偉(エリック・ツァン)
監督: 黄精甫(ウォン・ジンポー)
脚本: 杜緻朗(トウ・チーロン)
音楽: 雷頌徳(マーク・ロイ)
b0026075_2326377.jpg
【主な出演者】
ホン 役: 劉德華(アンディ・ラウ)
レフティ 役: 張學友(ジャッキー・チュン)
ターボ 役: 陳冠希(エディソン・チャン)
イック 役: 余文樂(ショーン・ユー)
トウ 役: 杜[シ文]澤(チャップマン・トウ)
ホンの妻エミリー 役: 呉[イ靑]蓮(ウー・チェンリェン)
ヨーヨー 役: 林苑(リン・ユアン) 

【製作年度/国】
2004年/香港

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】b0026075_2342224.jpg
レストランの厨房で働くイック(余文樂)に、暗殺者を
決めるクジ引きがあるとのの連絡が入った。この日
をずっと待ちわびていたイックは、仲間のターボ
(陳冠希)とともに会場となるディスコに向かった。

一方、マフィア界の大ボス、ホン(劉德華)の暗殺
計画の噂が流れていた。ホンの兄弟分で野心家の
レフティ<左手>(張學友)は・・・。

【私の感想】
ホン(劉德華)の言葉は、説得力がありました。
守りたいものができると人間は、弱きにもなるけど、
強くもなる・・・私も、そうだと思います。
確かに”ただ攻撃するだけの人”には誰もついて
きてはくれませんから。組織のトップに立つ人は、
やはり統率力と部下の信頼が無いとダメですね。

もちろん、本作品のように拳銃でトンパチしたり、
ナイフを使ったりするのは、正しいやり方では
ありませんが、、、。

ホン(劉德華)が赤ちゃんを見つめている姿。
まだ、彼は独身ですが、やさしいパパって感じで
素敵でした。
[PR]
by superako | 2005-10-12 23:42 | 香港映画
b0026075_21736100.jpg七剣
SEVEN SWORDS
SEVEN SWORDS -セブンソード-

【スタッフ】
監督: 徐克(ツイ・ハーク)
アクション監督: 劉家良 (ラウ・カーリョン)

【主な出演者】
楊雲?(ヤン・ユンツォン)役: 黎明(レオン・ライ)  
楚昭南(チュウ・チャオナン)役: 甄子丹(ドニー・イェン)
武元英(ウー・ユエンイン)役: 楊采[女尼]( チャーリー・ヤン )
韓志邦(ハン・ジィパン)役: 陸毅(ルー・イー)
穆郎(ムーラン)役: 穆郎(ダンカン)
タイ・リーウー(戴立吾)役: 辛龍子(シン・ロンヅ)
傅青主(フー・チンジュ)役: 劉家良 (ラウ・カーリョン)

チャン・チンチュー(張静初)役: リィウ・ユィファン(劉郁芳)
緑珠(リュイジュ)役: 金素妍(キム・ソヨン)

フォンフォリェンチョン(風火連城)役: 孫紅雷(スン・ホンレイ)

【製作年度/国】
2005年/中国

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
1660年代。中国に侵攻した満州民族は民王朝を倒し、
清王朝を築いた。清王朝は、反抗分子を一掃するため
「禁武令」を発布し、武術を心得ている者すべてを死罪
にするといった行動に出た。この混乱を利用して私腹を
肥やそうとしていた。風火連城の最大のターゲットは、
反清王朝の強硬派が住む武荘という集落。しかし、
この武荘には風火連城を破ろうとする7人の剣士が
集結していた・・・。

■第62回ベネチア国際映画祭のオープニング

■原作は、有名武侠小説「七劍下天山」
 「七剣下天山 上・下」/著者:梁羽生/徳間文庫


【私の感想】
「HERO」や「LOVERS」よりも面白かったです!
映像の美しさを比較すると、「LOVERS」が1番かな。
でも、ストーリー展開とアクションは、この「セブンソード」
がいいと思います。 テンポが良く、また、楚昭南
(チュウ・チャオナン)と自分を見失ってしまっている
緑珠(リュイジュ)とのやりとりが”人として生きる”と
いう事の大切さを訴えており、作品に重みを与えて
いるように思いました。


2005年9月28日に行われたプレミア試写会の舞台挨拶で
ツイ・ハーク監督、レオン・ライさん、ドニー・イェンさんを
見ることができたので、うれしいかったです。(^o^*)/
[PR]
by superako | 2005-10-10 21:08 | 中国映画
b0026075_200310.jpg戀愛地圖
About Love
アバウト・ラブ/関於愛(クワァンユーアイ)

【スタッフ】
監督: 易智言(イー・ツーイェン) 

【主な出演者】
美智子役: 伊東美咲
ヤオ役:  陳柏霖(チェン・ボーリン)

鉄ちゃん役: 加瀬亮
アスー役:   范曉萱(メイビス・ファン)

修平役: 塚本高史
ユン役: 李小[王路](リー・シャオルー )

【製作年度/国】
2005年/日本+台湾+中国合作

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
東京、台北、上海を舞台に、3組の男女の出会いと
愛を描いたオムニバス・ムービーです。

【東京編】b0026075_2001558.jpg 
漫画家を目指して、台北からやってきた留学生ヤオ
(陳柏霖)は、専門学校に自転車で向かう途中、画材
道具を路上にばらまいてしまい、立ち往生する若い
女性(伊東美咲)を偶然目撃する。画材を拾い集め
人込みの中を堅い表情で足早に去っていく彼女に、
何故だか目が釘づけになった。渋谷のとある店。
大きなキャンバスに色を重ねるアーティストの美智子
(伊東美咲)。スペインへ行った恋人は・・・。


【台湾編】b0026075_2003064.jpg
アスー(范曉萱)からの電話を受けた鉄ちゃん(加瀬 亮)
は、突然の呼び出しに期待をふくらませ、真夜中にも
かかわらずアスーを訪ねる。部屋に入って早々、
「本棚を持ち上げるのを手伝って」と・・・。


【上海編】b0026075_2004076.jpg
中国語を勉強中の修平(塚本高史)。修平は、漢字の
メモと英語と覚えたての中国語を駆使して用件をユン
(李小[王路])に伝えていた。そして、ユンは、勉強中
の英語を使ったり、中国語を教えながら応じていた。
そんなある日。修平宛に届いた小包を・・・。


■中国政府主催の映画賞で、優秀対外合作映画賞
  を受賞! (日中合作の長編映画では初の快挙)


【私の感想】
3つのストーリー、それぞれ完全に別物かと思いきや、
ほんの少しだけ繋がりがあるようになっていたので、
ギクシャクすること無く、スムーズに東京→台北→
上海と展開していく所が良かったと思います。

私は、台湾編が一番気に入っています。
共通のテーマ「言葉が通じない人間同士の異文化
コミュニケーション」もわかりやすく表現されており、
また、せつなさやユーモアもあり、楽しめる内容
だったからです。
[PR]
by superako | 2005-10-10 20:05 | 日本映画
東京国際映画祭のチケットが10/8(土)に発売となりました。
観てみたかった作品が4本あったのですが、、。
なんとか第1、2希望のチケットが購入できてホッとしています。
後は、ゲストが来てくれたらいいなぁ・・・って願ってるところです。

【コンペティション】
中国: 『ドジョウも魚である』 監督:ヤン・ヤーチョウ

【アジアの風】
香港: 『長恨歌』 出演:サミー・チェン 他
台湾: 『靴に恋する人魚』 出演:ビビアン・スー 他
[PR]
by superako | 2005-10-10 00:52 | ひとりごと