ブログトップ

アジア映画鑑賞記録 --- Ako's Web Studio ---

superako.exblog.jp

香港・中国映画を中心とした鑑賞記録 since 2004.9.13

<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年3月23日、裁判員制度広報用映画「評議」の 
試写会が最高裁判所 講堂で行われ、
b0026075_22452818.jpg

上映前、榎木孝明さん、中村俊介さんら出演者の
舞台挨拶がありました。
b0026075_2246735.jpg

なんとこの日、映画「評議」の上映後、最高裁判所
大法廷を見学することができたのです!
係員の説明よると、壁の石と石の隙間は、音漏れを
防ぐ効果があるんだそうですよ。
b0026075_22462819.jpg

傍聴席に座って法廷内を見回してみると、4ヶ所に
大きなタペストリーが掛けられており、とてもきれいな
所でした。 説明が終わった後、見学者がちょうど
いなくなって、うまいこと写真が撮れちゃった!
b0026075_22463916.jpg
今回の試写会は、とても貴重な体験をすることができました。
[PR]
by superako | 2006-03-31 22:52 | ひとりごと
2009年春までに導入される裁判員制度への理解を
深めるために 最高裁 が製作した映画です。

導入されると、、、
選挙権のある人の中から、翌年の裁判員候補者と
なる人を毎年抽選で選び,裁判所ごとに裁判員候補者
名簿が作られていきます。

つまり、裁判員は、国民の中からくじで選ばれるのです。
裁判員に選ばれた場合は、原則、裁判に参加しなければ
なりません。ですから、映画の中の出来事ではなく、自分
の身にも起こりうる問題として考えながらみてみましょう!


※裁判員制度とは:
  国民のみなさんが裁判員として刑事裁判に参加し、
  被告人が有罪かどうか、有罪の場合は、どのような刑
  にするのかを裁判官と一緒に決めていく制度です。

※この映画「評議」は、4月以降、全国の主要な図書館や
  地方裁判所で、上映や貸し出しが行われます。



b0026075_20513262.jpg評議 ( 裁判員制度広報用映画 )

【スタッフ】
企画・製作: 最高裁判所 
監督:      伊藤寿浩

【主な出演者】
裁判長 藤原英明 役: 榎木孝明
裁判官 山本正志 役: 宮下直紀
裁判官 田村あかり 役:越智静香

裁判員 大沢祐介 役: 中村俊介
裁判員 岩本辰夫 役: 小林稔侍
裁判員 小池美生 役: 中原果南
裁判員 松井絹代 役: 藤田弓子
裁判員 千葉俊之 役: 酒井敏也
裁判員 西出光江 役: 宍戸美和公

被告人 中原敦志 役: 金剛地武志
被告人 川辺真由美 役:大河内奈々子
被害者 朝倉慎二 役: 伊藤高史

弁護人 片岡尚子 役: 元井須美子 
検察官 細川浩義 役: 中根徹
目撃者 谷岸節子 役: 小林千晴

【製作年度/国】
2006年/日本

【オフィシャルサイト】
裁判員制度について: 最高裁判所

【あらすじ】
男女関係のもつれから起きた殺人未遂事件を題材に
裁判員6人と裁判官3人がそれぞれの経験や考え方
に基づいて、疑問点をぶつけたり、悩んだりしながら
一つの結論を出していくまでの過程を描いたドラマ。

【私の感想】
2006年3月23日、最高裁判所 講堂で行われた
試写会の舞台あいさつの際、町田顕最高裁長官が
「試写会に当選した皆さんはくじ運が強い。同じよう
にくじで選ぶ裁判員になるかもしれないが、自分が
選ばれたらと考える機会に・・」という言葉には、
結構ドキっとしました。(そんな事言わないで~。)

現時点でのイメージで作った作品だそうですが、
みどころは、裁判員の方々の”心の動き”だと
思います。 自分も一員になったようなつもりで
観入ってしまいました。 裁判員がどういった
ことをするのか大体わかりましたし、導入される
前に1度観ておく価値はあると思います。
(心の準備という意味で。) 

ただ実際には、「裁判員休暇」のような制度がない
と会社員の人が参加するのは、難しい気がします。
主婦だって小さい子供がいたらと考えると、裁判所
内やすぐそばに託児所を用意してもらわないと
きついと思うし、、この辺の事を導入される前に
改善してほしいと思いましたね。
[PR]
by superako | 2006-03-31 21:00 | 日本映画
b0026075_20494752.jpg麥兜 菠蘿油王子
McDull, Prince de la Bun
マクダル・パイナップルパン王子

【スタッフ】
監督: 袁建滔(トー・ユエン)
製作・原作(物語)・脚本: 謝立文(ブライアン・ツェー)
原作(絵)・美術: 麥家碧(アリス・マク)
音楽: 何崇志(スティーブ・ホー)
主題曲「ロ甘ロ甘ロ甘(ガンガンガン)」:the pancakes

【主な出演者】
マクビン=パイナップルパン王子(大人): 劉徳華(アンディ・ラウ)
ミセス・マク/皇后:              呉君如(サンドラ・ン)
園長/ドクター/他いろいろ:         黄秋生(アンソニー・ウォン)
マクダル/パイナップルパン王子(子供): 李穎賢(レイ・ウィンイン)
ファイ/ピザファイ:              蔡政男(チョイ・ジンナム)
ミセス・マク(若き日)=玉蓮:        the pancakes  

ナレーション(大人になったマクダルの声): 林一峰(チェット・ラム) 
ナレーション(劇中のお話など):       林海峰(ジャン・ラム)

【製作年度/国】
2004年/香港

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
マクダルの住む街では、明るい未来のための都市再開発が進み、
古い建物がどんどん壊され、マクダルの通う”春田花花幼稚園”も
取り壊しの対象となっていた。

幼稚園の近所に住むマクダル。マクダルの母親であるシングル
マザーのミセス・マクは、息子や自分の将来の安全確保のため、
保険や金、米やちり紙を買いだめしている。

しかし、そんな彼女は新たな問題に直面していた。
息子の“貧乏ゆすり”だ。マクダルの貧乏ゆすり改善に努める
ミセス・マクは、今はいない夫マクビン、またの名を“パイナップル
パン王子” の物語をマクダルに話し始めた・・・。

■2004年 香港電影評論学会大賞グランプリ受賞作品
■2004年 香港電影金像奨最優秀主題歌賞 
■2004年 台湾金馬奨最優秀アニメーション映画賞 
■2004年 ロカルノ映画祭コンペティション部門正式招待


【私の感想】
風景描写のあまりのリアルさにびっくりしました。温かみのある
色使いもとても良かったです。100%香港製のアニメなので、
もっと雑なのかなと思っていました。ほんと意外でした。

一番印象に残るのは、やっぱり、幼稚園で子供達が習う
”言い逃れ術”ではないでしょうか。
まさに香港らしいという気がしました。
覚えておいた方がいいかも(笑)
[PR]
by superako | 2006-03-28 17:39 | 香港映画
理由は・・・、

裁判員制度映画「評議」の試写会に当選したからです!

試写会の開催場所が”最高裁判所・講堂”とは、

なんだか、ちょっと緊張するなぁ~。

行ったことないし。
[PR]
by superako | 2006-03-11 23:29 | ひとりごと
b0026075_2393949.jpg無極
PROMISE
プロミス

【スタッフ】
監督・脚本: 陳凱歌 (チェン・カイコー)
製作: 陳紅 (チェン・ホン) ※女神・満神 役

【主な出演者】
大将軍・光明 役: 真田広之
奴隷・昆崙 役:  張東健 (チャン・ドンゴン)
王妃・傾城 役:  張栢芝 (セシリア・チャン)
北の公爵・無歓 役: 謝霆鋒 (ニコラス・ツェー)
女神・満神 役:  陳紅 (チェン・ホン)
刺客・鬼狼 役: 劉燁 (リウ・イエ)

【製作年度/国】
2005年/中国

【オフィシャルサイト】
日本繁体字簡体字


【あらすじ】
食べ物を求めて戦場をさまよう幼い少女・傾城(セシリア・
チャン)の前に、運命を司る女神“満神”(チェン・ホン)が
突然現れた。「世界中の男たちの寵愛と、何不自由ない
生活を約束してあげよう。ただし、条件がある。 お前は、
決して真実の愛を得ることはできない。 それでもいい
ですか?」と問う満神。その問いに対して傾城は・・・。

■第63回ゴールデン・グローブ賞 外国語映画賞ノミネート


【私の感想】
うっ、美しすぎます。北の公爵・無歓 役の謝霆鋒。
スクリーンいっぱいのアップでも耐えられるんだもん、
うらやましい限りです。

あまり期待して観ていなかった割りには、おもしろかったです。
戦闘シーンも迫力があり、CGを使った映像もきれいで、時折、
笑えましたし。1人の女性と4人の男性、それぞれの心の葛藤
もよかったと思います。

本作品で一番演技がうまいと思ったのは、やっぱり劉燁です。
今回は悪役だったけど、彼は、どんな役をやっても、いつも
いい味だしてますよね。 彼が出演している映画は、全部
観ておきたくなります。

真田さんも貫禄があって素敵でした。
[PR]
by superako | 2006-03-11 23:18 | 中国映画