ブログトップ

アジア映画鑑賞記録 --- Ako's Web Studio ---

superako.exblog.jp

香港・中国映画を中心とした鑑賞記録 since 2004.9.13

<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0026075_2161171.jpg如果・愛
PERHAPS LOVE
ウインター・ソング

【スタッフ】
監督: 陳可辛(ピーター・チャン)

【主な出演者】
林見東(リン・ジェントン) 役: 金城武(カネシロ・タケシ)
孫納(スン・ナー) 役:     周迅(ジョー・シュン) 
聶文(ニエ・ウェン) 役:    張学友(ジャッキー・チュン)
天使 役:             池珍熙(チ・ジニ)  

【製作年度/国】
2005年/香港

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
冬の北京。映画監督を目指している林見東(金城武)
の前に女優になることを夢見ている女性、孫納(ジョウ
・シュン)が現れ、一緒に暮らすようになる。

しかし、雪の降る朝、二人の別れは突然訪れた。
孫納は、夢を叶えるために愛を捨てたのだ。 自分を
捨てた孫納を思い続ける林見東。 その日から彼の
時間は止まってしまったかのようだった。

孫納との別れから10年後。上海。映画俳優になった
林見東と女優となった孫納は、ミュージカル映画の
共演者としての再会を果たしたのだが・・・。

■第62回 ベネチア国際映画祭クロージング作品

【私の感想】
ミュージカル仕立てなので、好き嫌いがありそうです。
ですが、超久しぶりに金城くんが歌ってます。懐かしい。
でも、やっぱり、張学友(ジャッキー・チュン)の歌の
うまさが際立ってました。

男性の方が過去を引きずるのかなぁ。。。
[PR]
by superako | 2007-08-27 23:11 | 香港映画
b0026075_17472470.jpg向日葵
Sunflower
胡同のひまわり

【スタッフ】
監督・脚本: 張楊(チャン・ヤン)

【主な出演者】
シャンヤン 少年 役: 張凡(チャン・ファン)
シャンヤン 青年 役: 高歌(ガオ・グー)
シャンヤン 大人 役: 王海地(ワン・ハイディ)

シャンヤンの父親ガンニャン役: 孫海英(スン・ハイイン)
シャンヤンの母親シウチン 役: 陳冲(ジョアン・チェン)

隣人ラオ・リウ 役: 劉子楓(リウ・ツーフォン)
青年シャンヤンの彼女 役: 張玥(チャン・ユエ)
大人シャンヤンの妻 役:  梁静(リャン・ジン)
幼馴染、ラオ・リウの息子 役: 李濱(リー・ビン)

【製作年度/国】
2005年/中国

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
1967年。チャンー家のひとり息子である向陽(シャンヤン)は
北京で生まれた。

彼の名前は、"太陽に向かって力強く育つ" という意味。
一家が住む胡同の自宅の中庭で育っていたヒマワリに
ちなんでつけられた。

ヒマワリのように元気に育っていく向陽。
9歳になったある日、父親ガンニャンが文化大革命での
強制労働を終えて6年ぶりに家に帰ってきたのだが・・・。

■トロント映画祭 プサン映画祭正式出品作品
■サンセバスチャン映画祭 最優秀監督作品賞 最優秀撮影賞


【私の感想】
1976年・1987年・1999年と3つの時代を通すことで、
急速な時代変化 ( 文化大革命、大地震、新しい
経済政策 ) にともなう父子の価値観の違い、
それぞれの想い、感情がすれ違っていくところが
自然と伝わってくる作品です。
[PR]
by superako | 2007-08-25 17:47 | 中国映画
日中国交正常化35周年
日中文化・スポーツ交流年認定事業
上海歌舞団・上海東方青春舞踊団
「WILD ZEBRA」公演
b0026075_17445721.jpg

2007年8月18日
第1部公演14:00開演 
新宿コマ劇場

【オフィシャルサイト】
日本

【スタッフ】
総監督:  チャン・ジー・ガン「千手観音」総監督
音楽監督: チャン・チェン・イー「覇王別姫」
       (音楽監督http://www.kyogeki.info/)

【あらすじ】
アニマルファミリーの家長である母熊は長寿、厄除け
のために、誕生日にワイルドゼブラの皮百枚で縫い
合わせたコートを着ることを願っていました。そのため、
すでに99枚のワイルドゼブラの皮を手に入れ、最後の
一枚を待っています。しかし、最後に捕らえたワイルド
ゼブラは母熊がいつも可愛がっていた末娘によって
逃がされてしまい・・・。

【私の感想】
招待券を貰ったので、観にいってみたのですが、
まさかのS席。前から3列目とかなりいい席でびっくり
しました。

すべての役を動物に模しながら、ストーリーが展開され、
台詞などはありませんでしたが、”森の精”役という形で
デヴィ夫人のナレーションがあったので、ストーリーは
問題なく把握できました。

上海発ニュー・バレエ・エンターテイメントだったせいか、
想像してしていたバレエとは違った舞台でしたね。
あまり違和感なく鑑賞できるステージだったので
よかったです。
[PR]
by superako | 2007-08-18 23:05 | 芝居
b0026075_2326665.jpg順流逆流
Time and Tide
ドリフト

【スタッフ】
監督: 徐克(ツイ・ハーク)
製作: 徐克(ツイ・ハーク)
脚本: 許安 (コラン・ヒュイ)、徐克(ツイ・ハーク)

【主な出演者】
タイラー役:      謝霆鋒 (ニコラス・ツェー)
ジャック/フアン役: 伍佰(ウーバイ)
アンクル・ジー役:  黄秋生(アンソニー・ウォン)
ジョー役: 盧巧音 (キャンディ・ロー)
ウォン役: 徐子淇(キャシー・チュイ)
ミゲル役: ジョベンティノ・コート・リモティギュー

【製作年度/国】
2000年/香港

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
香港のバーで働く青年タイラー(謝霆鋒)。
彼は、南米の楽園へ移住することを夢見ている。
ある夜、見知らぬ女性ウォン(徐子淇)と飲み比べ
を始めてしまう。泥酔した2人は、一夜を共に。
しかし、驚いたことにその女性は、麻薬売人を探る
警察官だった。

しばらくして、その女性が妊娠したことを知ったタイラーは、
その責任を感じ、手っ取り早く大金を稼ぐために無認可の
護衛会社で働きだしたのだが・・・。

■2000年 ベネチア映画祭 Future Film Festival Digital Award 受賞
■2000年 トロント国際映画祭出品
■2000年 ベニス国際映画祭出品


【私の感想】
バイオレンス・アクションではありますが、どこか”希望”や
”未来”を感じる作品だったように思います。

タイラー役の謝霆鋒の演技は、アクションにキレがあって、
成龍(ジャッキー・チェン)のようなコメディ的な要素もあり
とても良かったです。
[PR]
by superako | 2007-08-16 23:27 | 香港映画
赤坂ACTシアターのこけら落としでもある
宮本亜門さん演出のミュージカル「トゥーランドット」に
陳慧琳(ケリー・チャン)が主演!というニュースが・・・。

公演は、来年の3/27~4/27(東京)、5月(大阪&名古屋)。
6月のソロコンサート(香港)の準備大丈夫なんだろうか?
それより、「トゥーランドット」もコンサートのチケットも取れるといいなぁ。
b0026075_13324124.jpg


日刊スポーツの記事はこちら
[PR]
by superako | 2007-08-11 20:22 | 芝居