ブログトップ

アジア映画鑑賞記録 --- Ako's Web Studio ---

superako.exblog.jp

香港・中国映画を中心とした鑑賞記録 since 2004.9.13

<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0026075_223457.jpg天堂口
Blood Brothers
※2007年10月現在、日本一般未公開

【スタッフ】
監督: 陳奕利(チェン・イーリー)

【主な出演者】
洪哥 役: 孫紅雷(スン・ホンレイ)
馬克 役: 張震(チャン・チェン)
阿峰 役: 呉彦祖(ダニエル・ウー)
大剛 役: 劉燁 (リウ・イエ)
小虎 役: 楊祐寧(トニー・ヤン)
露露 役: 舒淇(スー・チー)

李小[王路](リー・シャオルー) ほか。

【製作年度/国】
2006年/香港

【関連サイト】
「香港映画祭」公式サイト(日本)中国語/英語 公式サイト

【あらすじ】
1930年代の上海。 成功することを夢見て田舎の村から
上海に出てきた阿峰(呉彦祖)と友人の大剛(劉燁)、剛の弟
小虎(楊祐寧)。

初めは車引きをして生計をたてていたが、剛(劉燁)が
黒社会のボス・洪哥(孫紅雷)の経営するクラブ「天堂」で
仕事を得たことで、次第に3人の生活状況が変わり
始める。 3人は、洪哥、馬克(張震)とクラブの専属歌手
・露露(舒淇)を通して、欲望と血にまみれた闇の世界に
足を踏み入れることとなり・・・。

■第20回東京国際映画祭の提携企画 「香港映画祭」上映作品

【私の感想】
富と名誉を得たとしても穏やかな気持ちで過ごせないのなら、
人を信じることができないのなら、成功したといえるのだろうか。
観終わった後、そんなことを考えさせられます。
[PR]
by superako | 2007-10-30 21:05 | 香港映画
b0026075_2117225.jpg雲水謠(云水謡)
THE KNOT
雲水謡

【スタッフ】
監督: 尹力(イン・リー)
製作: 韓三平(ハン・サンピン)
原作: 張克輝(ジャン・クーホィ)
脚本: 劉恒(リュウ・ハン)

【主な出演者】
陳秋水 役: 陳坤(チェン・クン)
王碧雲 役: 徐若萱(ビビアン・スー)
王金娣 役: 李冰冰(リー・ビンビン)
王碧雲(老人) 役: 帰亜蕾(グイ・ヤーレイ)
王曉芮 役: 梁洛施(イザベラ・リョン)

【製作年度/国】
2006年/中国

【オフィシャルサイト】
日本台湾

【あらすじ】
1940年代の台湾。 医大生の陳秋水(チェン・クン)は
台北で歯科医家庭の王家に家庭教師として招かれた。
王家の息子に英語を教える間に、王家の娘・王碧雲
(ビビアン・スー)と恋に落ちる。貧富の差が激しい
二人だが、家族の反対を背負いながら、一生の約束
を誓い合う。しかし台湾の情勢が安定せず、左翼思想
をもった陳秋水は政府から追われ身となり、仕方なく
大陸を逃れることとなり・・・。

■第20回東京国際映画祭の提携企画 
  中国映画を紹介する映画祭「東京・中国映画週間」上映作品

【私の感想】
女性の方が思い続ける気持ちが強いのかもしれませんね。
年老いた王碧雲(帰亜蕾)の叫ぶ姿に陳秋水(陳坤)を
想う気持ちの深さを感じ、心が痛みました。

ストーリーとしては、政治的な色が強いかなと思いましたが、
シーンが変わる瞬間のカメラワークが印象的な作品でした。


第20回東京国際映画祭提携イベント 2007東京・中国映画週間
オープニングのゲストとして来日した(左)監督の尹力(イー・リー)
と(右)俳優の陳坤 (チェン・クン)
b0026075_21164829.jpg

2007/10/21
渋谷オーチャードホール
[PR]
by superako | 2007-10-22 23:44 | 中国映画
TBSは11日、来年3月開館の「赤坂ACT(アクト)シアター」
のオープニング公演「トゥーランドット」に出演予定だった
香港の女優、ケリー・チャンさん(35)が、中国で映画撮影中
に落馬し、足にけがをしたため降板する、と発表した。

 上演作は宮本亜門さん演出の新作ミュージカルで、
チャンさんはトゥーランドット姫を演じることになっていた。
代役は台湾出身の歌手、アーメイさん(35)が務める。

(2007年10月11日20時28分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071011ih21.htm
[PR]
by superako | 2007-10-12 19:58 | ひとりごと
東京国際映画祭の時期がやってまいりました!
今年は、提携企画での上映作品2本を観てきまーす。

2007東京・中国映画週間(第20回東京国際映画祭 提携企画)
・『雲水謡』

香港映画祭(第20回東京国際映画祭 提携企画)
・『天堂口』
[PR]
by superako | 2007-10-09 15:28 | ひとりごと