ブログトップ

アジア映画鑑賞記録 --- Ako's Web Studio ---

superako.exblog.jp

香港・中国映画を中心とした鑑賞記録 since 2004.9.13

<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

笑の大学 ( 映画版 )
b0026075_16282746.jpg
【スタッフ】
原作・脚本: 三谷幸喜
監督: 星護

【主な出演者】
椿一 役: 稲垣吾郎
向坂睦男 役: 役所広司
青空寛太 役: 小松政夫
廊下の制服警官 役: 高橋昌也
モギリのおばさん 役: 石井トミコ
ロミエット 役: 小橋めぐみ
ジュリオ 役: 河野安郎
石川三十五右衛門 役: 長江英和
チャーチル 役: ダン・ケニー
ヒトラー 役: チュフォレッティ
戯作者 役: 吉田朝、陰山泰、蒲生純一、伊勢志摩、
戯作者 役: つじしんめい、小林令門
貫一 役: 眞島秀和
お宮 役: 木村多江
警官大河原 役: 八嶋智人
ビヤホールの女給 役: 加藤あい
劇団の支配人 役: 木梨憲武

【製作年度/国】
2004年/日本

【オフィシャルサイト】


【あらすじ】
昭和15年。戦争への道を歩み始めていた日本では、
庶民の娯楽である演劇も警察で台本の検閲を受け
なければ上演できないという状態にあった。 笑った
ことがない検閲官・向坂睦男(役所広司)は、芝居の
台本に目を通しては容赦なく上演不許可の判を押し
続けていた。

ある日、劇団「笑の大学」座付作家・椿一(稲垣吾郎)
は、台本の検閲を受ける為、警視庁へ向かっていた。
取調室で待っていたのは、もちろん検閲官・向坂だ。
戦時体制が強まる中、低俗な喜劇など不謹慎だと
考える向坂は、椿一の台本に対して無理難題を課し
ていくのだが・・・。

■ラジオドラマ版・舞台版・映画版の3バージョンが
 存在する。ストーリーは各バージョンともほぼ
 共通だが、脚本は各々で書き直されている。

【私の感想】
とても面白かったです(^o^) しかも、ただ笑えると
いうだけでなく、おそらく戦時中誰もが心の中でそう
願っていたであろうことを検閲官である向坂の口から
伝えられた所にあついものを感じました。

ほぼ向坂睦男(役所広司)と椿一(稲垣吾郎)の二人
芝居の形で物語が終始進んでいくので、シンプルに
思える分、役者の演技力が気になってきます。
向坂役の役所さんの演技が本当に良かったです!
[PR]
by superako | 2007-12-29 18:29 | 日本映画