ブログトップ

アジア映画鑑賞記録 --- Ako's Web Studio ---

superako.exblog.jp

香港・中国映画を中心とした鑑賞記録 since 2004.9.13

女人本色

b0026075_21122245.jpg
女人本色
Wonder Women

【スタッフ】
監督: 黄真真(バーバラ・ウォン)

【主な出演者】
在信 役: 梁詠琪(ジジ・リョン)
暁彤 役: 薛凱琪(フィオナ・シッ)
杜林 役: 林子祥(ジョージ・ラム)
程必聡 役: 聶遠(ニエ・ユエン)
学楓 役: (ケビン・チェン)
大宇 役: 張敬軒(ヒンズ・チャン) ほか。

【製作年度/国】
2007年/香港

【オフィシャルサイト】
日本

【あらすじ】
在信(ジジ・リョン)は夫の杜林(ジョージ・ラム)と同じ会社で働く
エリートサラリーマン。裏で夫を支える女性で生きると決めている。

しかし、息子の楽楽が1歳の時、杜林は突然リストラされてしまい、
妻と子供を残して自分の事業を開拓するためにシンガポールへ
渡ることに。夫とバラバラになりちょっと寂しく感じる在信に・・・。

■原作は香港の作家梁鳳儀(リアン・フォンイー)の小説「聴涛」

■第21回東京国際映画祭の提携企画
 「東京・中国映画週間」上映作品


【私の感想】
中国に返還された時から現在の香港を背景にして、ある女性の
私生活と事業上の栄枯盛衰を描いています。

なのに・・・何故”北京語吹き替え版”での上映にしたんでしょう?
作品の内容を考えたら、おかしいと思うのですが。。。
機会があれば、広東語で見直したいですね。

在信のように(友人知人の為に)日頃から善を尽くしていれば、
いつか自分に帰ってくるのかなぁ。
[PR]
by superako | 2008-10-22 21:03 | 香港映画